fc2ブログ
言わずと知れた丸亀製麺です。
早い・安い・うまいと3拍子揃ったファストフードのお手本みたいなお店です(^^)。
ひと頃、なんばグランド花月の北側のお店(閉店)によく通いましたが、
最近の麺ライフは、うどんはなんとなく太る気がして(^^;、
もっぱらそばに走ってます。

で、大阪かいわいで立食いそばのお店を回ってみたり、
主に東京近郊の立食いそば店を紹介する
BS日テレの「ドランク塚地のふらっと立ち食いそば」を見るたび、
「やっぱり東京は立食いそば屋が多くていいなぁ」と思ったりしていたのですが、
ふと、
「丸亀製麺って麺はうどんだけでそばはないけど、
 安いし、うまいし、トッピングの天ぷらはお店で揚げてるし、
 ネギやしょうがなんかの無料トッピングも充実してるし、
 実は結構いいんじゃね?」
てなわけで、さっそくきょう行ってきました。

IMG_5811.jpg
ミナミでどっかないかなぁ?と調べてみると、
なんばCITYから阪神高速を越えてちょっと西に行ったところにありました。

IMG_5809.jpg
以前はとろ玉うどん(冷)(小だったような気がしますが、よくおぼえてません(^^;。)の
大根おろしトッピングに野菜かき揚げがおきまりのオーダーでした。
でも、画像にはありませんが、メニューにとろろのトッピングがあったので、
「じゃ、温玉いらなくね?」
てことで、ぶっかけ(冷)小290円のとろろ&大根おろしトッピング各90円に
野菜かき揚げ180円のつごう650円をオーダーしました。

IMG_5807.jpg
というわけで、
ぶっかけうどん(冷)の小にとろろと大根おろしのトッピングと野菜かき揚げです。
これは素の状態、

IMG_5808.jpg
ここから、いつものように無料トッピングのネギとしょうがを山ほどのせ、
すりごまをふりかけ、かき揚げに天丼のたれをかけて、
仕上げに七味をふりかければ、
”るーとスペシャル”(^^;のできあがりです(^^)。
ちなみに、かき揚げは別皿のまま撮ってますが、
食べるときはいつも通り小分けにして、
うどんにダイブさせていただきました。

味的にはいつものおいしさです(^^)。
食べ終えてから、かき揚げの衣が心持ち甘めな気がしましたが、
おそらく味自体が変わったわけではなく、
私の口(好み)が変わったのと、温泉玉子を入れなかったので
より味が直接伝わりやすくなったことによるものでしょう。
いずれにしても、これなら、
つぎからはかき揚げに天丼のたれをかけなくていいし、
しょうがをもっと多めにしてもいいかな、と思いました。

というわけで、さすがは”鉄板”です(^^)。
また気が向いたら足を運びたいと思います。
欲を言えば、うどんだけじゃなくて、
そばも出してくれたら言うことなしなんですが、
さすがにそれはちょっとむずかしそうですね(^^;。
2024.02.11 清月
DSC01241.jpg
おとといの金曜日、名古屋出張の際に立寄ったうなぎ屋さんです。
大曽根駅から南に10分近く歩いたところにあります。

DSC01242.jpg
出張先への道中にある評判のいいお店、ということを確認したくらいで、
ろくにリサーチせずに選んだので、
店に入ってメニューを見て「…」。(^^;

気を取り直して、一応ちがいを聞いてみると、
「清月丼は3切れ、鰻丼は4切れ、上は5切れ(まるまる一尾だったかな?)です。」
とのこと。
さすがにこういう店で”松”をオーダーするのはちょっとカッコ悪いし(^^;、
かといって平日ランチに3000円越えはさすがにちょっと…、
といろいろ思案したあげく、
「えーい、旅の恥はなんとか!」(^^;
と、清月丼2,850円をごはん少なめでオーダーすることにしました。

DSC01244_20240211172132315.jpg
清月丼は、3切れですが、
1切れが結構大きく、焼き加減もパリっと程よい加減で、
鰻自体も結構美味だったし、
ごはん少なめですが量的にもじゅうぶん満たされました(^^)。
おねだん的にも、うなふじと比べたらあれですが(^^;、
郊外とはいえ名古屋市内ならこんなもんなのかもしれませんね。

というわけで、うなぎ目当てでわざわざ出向いていくなら、
ほかにも選択肢はあるような気はしますが(^^;、
名鉄瀬戸線沿線に用があるなどで、
大曾根あたりでランチするのが時間的に都合がよい場合は、
いちど立寄ってみる価値はあると思います(^^)。
ちょっと前に、ラジオ波焼灼療法が乳がんに保険適用された、
とニュースで報じていた、
という話を耳にしたので調べてみました。

その結果、
2023年12月15日付で、国立がん研究センターから、
ラジオ波焼灼療法が早期乳がんに保険適用となった旨が
発表されていたことがわかりました。
早期乳がんへのラジオ波焼灼療法の保険適用

凍結療法も同じように乳がんに保険適用されればもっとよいのですが、
いまのところそういう動きもなさそうだし、
こちらはちょっとむずかしそうですね(^^;。

ま、何はともあれ、一歩前進です(^^)。
DSCF3688.jpg
高島屋東館の向かいのT字路の北西角にある天丼屋さんです。
ちなみに入口は堺筋側ではなく、東西の通り側にあります。
8年ほど前にひと頃よく通いましたが、
油がきつく感じるようになったか、食べると体重が増えるかで、
しだいに足が遠のいていったのですが、
ふと、ひさしぶりに行きたくなって先週行ってきました。

DSCF3689.jpg
当時のデフォルトは海老天丼(上)880円で、
ごちそう気分を味わいたいときは海老穴子天丼1100円でした。
今回行ってみるとおねだんが当時とおんなじ!(^^)
うれしくなって、つい海老穴子天丼1100円をオーダーしてしまいました(^^;。

DSCF3690.jpg
というわけで、海老穴子天丼です。(ごはん少なめでオーダーしました。)
ごはん少なめでもボリュームたっぷりで、おいしくいただいたのですが、
やっぱり油っこくてきついなぁ、と感じました。

でも、ふと、
「海老穴子天丼みたいな具の多いメニューを
 オーダーするからきついのであって、
 そういう向きには、具をちょっとひかえめにして、
 (といってもじゅうぶん多かったりして(^^;)
 海老天丼(並)あたりがベストチョイスなのでは?」

IMG_5755.jpg
というわけで、きのう、
海老天丼(並)(ごはん少なめ)680円を食してきました。
期待した通り、これなら油もそれほどきつく感じないし、
やっぱりこれがいまの自分にはベストチョイスみたいです(^^)。

店を出たときは腹八分目で、
「ごはん少なめにしなくてもよかったかな?」とも思いましたが、
具にお餅も入っているので、腹ごなしの散策をしているうちに
ちょうどいい塩梅になって、
やっぱりごはん少なめにしてよかったな、と(^^)。

というわけで、また気が向いたら、
海老天丼(並)でも食べに行こうと思います(^^)。
DSC01397p_202401211825587ea.jpg
マツダ6がこの春に国内販売を終了するとのアナウンスがありました。
マツダ6といってもなじみのない方も多いと思いますが、
マツダは、最近、車名変更を行い、
デミオ→マツダ2、(ファミリア→)アテンザ→マツダ3、
(カペラ→)アテンザ→マツダ6、となりましたので、
要するに、マツダのセダン・2Box系の最上位車種が
販売終了する、ということです。
(ちなみに、画像はおそらく「アテンザ」と思われます。)

個人的には、ちょっぴり残念です。
というのも、”次期マツダ6”(もう出ないか(^^;)は、
つぎのクルマの候補のひとつだったからです。

DSC03952p.jpg
いまのゴルフヴァリアント(ワゴン)
(1つ前の型の1.2リッターターボのエントリー機種)は、
ことしの秋でまる6年。
10年乗るとすれば、4年後の秋には買換え時期になります。

基本的に、
「つぎのクルマはモーター駆動がいいなぁ」
「いつかは後輪駆動」
と思っていて、つぎは、思い切って、
同じVWのI.D.3(ゴルフと同車格の後輪駆動の2BoxのEV)でも…、
とばくぜんと考えていたのですが、
よくよく考えればEVは駐車場に充電設備が事実上必須。
(外で急速充電を繰り返す、というのは実用的でないし、
 バッテリーの寿命も短くなります。)
となれば、EVは戸建以外ではかなりハードルが高いかも、と。
(このあたり、ひょっとしたらEV普及にあたりネックになるかもしれません。)

そうなると、やっぱり次もゴルフヴァリアントのエントリー機種かなぁ、
と思ったりもします。
現行ゴルフはマイルドハイブリッドだし、ヨーロッパ勢はシリーズハイブリッド
(日産のeーPOWERと同じようなエンジン発電のモーター駆動)を開発中、
とのうわさもあるので、
ひょっとしたらゴルフもモーター駆動になるかもしれません(^^)。
ま、さすがに前輪駆動のゴルフが後輪駆動になるとはちょっと考えられませんが(^^;。

20230109133352p.jpg
で、マツダですが、最近、ラージクラス用
(セダン・2Boxならアテンザ→マツダ6クラス)として、
直列6気筒3.3リッターのディーゼルエンジンを開発し、
第一弾としてオンロードSUVタイプのCX-60に搭載しました。

直6は長さがあるのでエンジンを横置き(車幅方向に置くこと)することはできず、
縦置きになるので当然のごとく後輪駆動です。
これも悪くはないのですが、
SUVタイプは、最低地上高(路面と車体の底とのクリアランス)が高いため、
重心が高くて走行安定性が低くなります。
とはいえ、ランクルやジムニーなどのオフロードタイプのSUVなら、
悪路走破性の点でメリットがありますが、
オンロードSUVでは実用面でのメリットはほとんどありません。
というわけで、個人的に、
”次期マツダ6”が直6後輪駆動で出れば、
ワゴンタイプあたり有力候補になるなぁ、
とひそかに期待していたのでした(^^;。

20160503144020p_2024012118513737e.jpg
ま、ゴルフについては、2台乗り継いでいて、
1台目(1.4リッターターボのエントリー機種)は10年乗って、
エンジンのオーバーホールが必要な故障が生じたので
ディーラーの勧めもあって買い換えました。
とはいえ、ハンドリングの確かさや走行安定性の高さ、
シートの出来の良さ(長距離でも疲れにくい)、故障の少なさには
いまでも信頼を置いています。

いまのクルマに替えて、重心が低くなってカーブでの安定性が増し、
エンジンの吹け上りもよくなったので、さらに満足度がUPしました(^^)。

唯一の欠点は、クルマ自体ではないのですが、
純正のナビがどうしようもないポンコツで、前からたいがいでしたが、
買い替えてさらにひどくなりましたorz。

というわけで、
いまのクルマは結構気に入っているので、
モーター駆動や後輪駆動に目移りさえしなければ、
案外長く乗り続けるかもしれません。