fc2ブログ
00005118.jpg
中之島美術館で開催中のテート美術館展につきあいで行ってきました。
サブタイトルに「光 - ターナー、印象派から現代へ」とあるとおり、
ターナーと彼に啓発された印象派から現代アートへの流れが印象的でした。
前史的に宗教画っぽいのも展示してありましたが、
個人的に苦手なのでパス(^^;。

00005031.jpg
というわけで、
ターナー「湖に沈む夕日」です。
幻想的な光と影が織りなす光景が印象的ですね。

00005037t.jpg
それに続く印象派。
ジョン・コンスタブル「ハリッジ灯台」です。
個人的に、風景画は、
むずかしいことを考えずに素直に見れるので好みのジャンルです(^^)。

00005043t.jpg
ジョン・リネル「風景(風車)」です。
ちょっと劇的な雰囲気ですね。

00005046.jpg
ジョン・エヴァレット・ミレイ「露に濡れたハリエニシダ」です。
「オフィーリア」が来なかったのは残念、という声もちらほら(^^;。

00005048.jpg
シスレー「春の小さな草地」です。
春らしいさわやかな光景ですね。

00005054t.jpg
モネ「ポール=ヴィレのセーヌ川」です。
モネにしてはちょっと物足りないような気も(^^;。

00005057.jpg
ジョン・ブレッド「ドーセットシャ―の崖から見るイギリス海峡」です。
ちょっと神秘的というか、天界から啓示が降りてきそうな雰囲気がありますね。

00005061.jpg
ジェームズ・アボット・マクニール・ホイッスラー
「ペールオレンジと緑の黄昏-バルパライソ」です。
幻想的な、雰囲気のある描写ですね。

00005063.jpg
アルマン・ギヨマン「モレ=シュル=ロワン」です。
色彩鮮やかな描写が目を引きますね。

00005066t.jpg
カミーユ・ピサロ「水先案内人がいる桟橋、ル・アーヴル、朝、霞がかった曇天」です。
細かいところまで丁寧に描かれています。

00005069.jpg
ウィリアム・ローゼンスタイン「母と子」です。
人物画ですが、なんとなく雰囲気がよかったので。

00005092.jpg
ジョン・ヤング=ハンター「私の妻の庭」です。
これもなんとなくきれいだったので。

00005079.jpg
現代アートは動きのあるものが印象的でした。
ピーター・セッジリ「カラーサイクルⅢ」です。

00005080.jpg
しばらく見ていると、だんだん色が変わっていきます。

00005082.jpg
こういう動きのある表現は見ていて楽しいものがありますね(^^)。

00005088.jpg
オラファ―・エリアソン「星くずの素粒子」です。

00005086.jpg
ミラーボールのようなものが回って、壁に映し出される模様が刻々と変化していきます。

00005110.jpg
スティーヴン・ウィラッツ「ヴィジュアル・フィールド・オートマティック No.1」です。

00005111.jpg
光る場所がいろいろ変わるので、その変化が楽しめます。

全般的に、素人でも見やすいジャンルの作品が多かったし、
バラエティに富んでいていろいろ楽しめました(^^)。
撮っていい作品が多かったのも○。
ただ、人がそれなりに多かったので、
シャッターチャンスを狙うのに結構気を遣って、
結果、作品鑑賞にあまり集中できなかった気も(^^;。
いっぱい撮れるのもよしあし、といったところでしょうか。
ま、空いてればどっちも存分に満喫できるんでしょうけど…(^^;。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://route168.blog11.fc2.com/tb.php/888-9c82ebb6