fc2ブログ
いまの職場は高層ビルのほぼ最上階にあるので、
エレベーターが低層用と高層用に分かれているとはいえ、
昇るのに時間がかかるうえに、朝はほとんど各駅停車で、
「はやく着かないかなぁ(^^;。」
と思うこともままあります。

ときどき、最後のほうで乗り込むと、
扉横の操作ボタン前になることがあり、
そんなときは、
「めんどくさいなぁ(^^;」
と思いながら、
扉を開け閉めしていました。

でも、最近、
「これって自分でやったほうがはやく着くんじゃ?」
ということに気づき、
それからはすすんで扉扱いをするようになりました。

朝の昇りのエレベーターは、
途中階は降りる人ばかりなので、
カゴのなかの人の動きをよく見ているだけで
スムーズに扉扱いできます。

ちなみに、帰りの下りエレベーターは、
急いでないので扉扱いめんどくさいし(^^;、
ホールをよくのぞき込まないと、
乗ってくる人を見落として積み残すことがあったりするので、
昇りほど積極的に扉扱いすることはなかったりします(^^;。

朝、扉扱いをしていて気がついたのは、
2つ下の階で降りる人たちのこと。
降りる人の数も多いし、女子率が高いこともあるのでしょうが、
降り際に会釈はあたりまえ、
「ありがとうございます。」
とお礼を言われることもままあります。
で、そんなときは、会釈を返したり、
「どういたしまして。」
と応えたりしています。
(ちなみに、ほかの階ではそんなことはまずありません。)
正直、悪い気はしないし、
そこの会社のカラーかなぁ、それにしてもきちんとしてるなぁ、と、
よそ様のことながら内心感心したりしています(^^)。
スポンサーサイト