fc2ブログ
2022.06.30 いまのお仕事
いまの職場に来て、あしたでちょうど1年になります。
というわけで、いまのお仕事のハナシでも。

大まかにいえば、
非営利団体が行う国際交流などの事業に、
助成金を交付する事業の事務局をしています。

エントリーした事業の審査
(採否および各採択事業の助成上限額の決定)は、
申請書と添付の収支予算に基づき、
学識者で構成する審査会で行います。

で、事務局の仕事は、
申請書を受付けて審査会の下資料を作り、
審査会を開く段取りをして、
審査会で決まった採否等をエントリーした団体に通知して、
事業が完了したら報告書をもらい、
それをもとに助成金の額を決め
(上限額以内で報告を受けた実際の使用額に基づき支払額を決めます。)、
事業者にお支払いする、というのが主な仕事です。

なので、基本、
来た書類を粛々と右から左に流してればいいのかな、
と高をくくっていたのですが(^^;
このコロナ禍の世の中、そう甘くはありませんでした(TT)。

たとえば、
海外に渡航して国際交流イベントを行う事業の場合、
予算には渡航費と現地での宿泊費が計上されていて、
それをもとに助成上限額が決まっています。

でも、コロナの影響で渡航が不可能になり、
事業を中止したり、
オンラインでの実施に変更する団体が続出しました。

ま、中止の場合は、
辞退していただくことになりますので、
ある意味ハナシはシンプルなのですが、
ややこしいのはオンラインへの変更の場合です。

当然、オンラインへの変更により
渡航費や現地宿泊費がなくなるため、
オンライン費用が多少のったとしても
トータルでの事業費は減りますので、
助成額も減額されることになりますが、
少なからぬ事業者の方が、
上限額の範囲で別の用途に用いればよい、
とお考えでした。

正直、ほどほどのところで…、と
思いたくなるときもなくはありませんが、
このあたりの支払額の確定はストレートに金額として現れるため、
一歩間違えれば背任になりかねないので、
善良な管理者としていい加減なことはできない、
というシビアな面があります。

もっとも、
「それってどう考えても理にかなってないでしょ?」
という義憤の念(^^;のほうが
より大きかったりするわけですが(^^;。

というわけで、
この1年は、そのようにお考えの事業者の方々との
せめぎあいに終始した1年でした(^^;。

ま、でも、それはそれで
いろいろ勉強になりましたし、
直属の上司が役員の方(事務取扱)なので
あまり事細かに上申もできないこともあって、
これまでの手取り足取り(^^;とはちがい
ある程度自分でいろいろ考えて(悩んで)、
自分の判断で決めて(腹をくくって)
進めざるを得ないようなところがあり、
これはこれでまた楽しいものがありました。

ま、でも、これまで、
物わかりのよい身内ばかりを相手にしてきたので、
外の方相手となると、いろいろ感情が表に出てしまうことも多く、
たびたびご指導を賜りました。
これもまた、その時々はいろいろ思うこともありましたが、
基本的に、対外折衝の経験値が低いことによる
未熟さによるものと認識しているので、
人格修養の場を与えていただいている、
貴重な経験をさせていただいている、と
前向きに受け止めています。

ま、正直、グループ会社の方々は
物わかりのよい方ばかりだったなぁ、
と思い返すことも多々ありましたが(^^;。

ま、そんなこんなで、
いろいろありましたが、
それなりに充実した1年でした(^^)。
前の前に10年間やってた仕事よりも、
こっちのほうが楽しいくらい。

ま、あれはあれで悪くはなかったけど、
自分で考えて決めて進めるような機会はほとんどなかったし、
なんやかんや言ってそれなりに忙しかったので
いろいろ考える余裕もなかったし。

やっぱり、いい仕事をするためには、
ある程度の余裕は必要だと思います。
思い返せば、大して意味のない、
省いても差し支えない仕事も結構あったような…(^^;。
(ま、上にそう思ってもらえなければ、結局なくせないわけですが(^^;。)

というわけで、つぎの1年も、
自分なりに前向きにやっていきたいと思います(^^)。

スポンサーサイト