fc2ブログ
DSC03385p.jpg
2週間ほど前に、前から乗りたかったノートe-POWERに試乗しました。
4年ほど前に出たときから、
EVの走り(モーター駆動)がどんなものか興味があり、
ずっと乗りたいと思っていたのですが、
最近、”エンジン博士”こと畑村耕一氏が
「電源構成まで考慮したときの最適解は
 EVではなくシリーズハイブリッド」
と主張しているのを知り、がぜん乗りたくなりました。
で、今回ついにディーラーで試乗させてもらった、というわけです。

ちなみに、シリーズ(直列)ハイブリッドはエンジンで発電し、
その電気でバッテリーを介してモーターを駆動する方式で、
エンジンはあくまで発電機としての役割で駆動には関与せず、
純粋にモーターのみで駆動する方式です。
EVと比較したときの長所は
 ・エンジン込みでもEVより軽い。(EVのバッテリーが重いため)
 ・航続距離が長い。(EVのバッテリー性能が低いため)
 ・ガソリン給油なのでバッテリーに充電するよりずっと短時間で済む。
 ・価格が安い。
  (バッテリーは補助的に使用するだけなので
   EV用よりずっと容量が小さくて済むため、
   発電用エンジン込みでもEVよりずっと安くなる。)
短所は
 ・発電時にエンジン音がする。
 ・発電時(≒走行時)にCO2を発生する。
くらいでしょうか。正直、あまり思いつきません(^^;。

DSC03384p.jpg
最近モデルチェンジしてすっきりしたデザインになりました。
ちなみに当日写真は撮れなかったので、画像はすべて同形車のものです。

DSC03386p_20210613170209d8c.jpg
なお、電源構成まで考慮したときにEVが最適解でない、というのは
・発電にはクリーンエネルギーだけでなく石炭火力や石油火力も使用しており、
 その際発生するCO2も考慮する必要がある。
・バッテリーの製造時にかなりのCO2が発生する。
ということからのようです。

DSC03387p.jpg
で、試乗コースが2kmくらいだったのではっきりしたことは言えませんが、
乗った感想としては、
・1ペダルドライビング(アクセルオフ時に回生ブレーキがかかって減速する)は
 独特のフィーリングだが、個人的には嫌ではなくむしろ面白かったので、
 慣れるまで乗ってみたかった。
・とにかく発進加速時の低速トルクがすごい。
 すぐ前の車に追いついてしまい、実力を確認できなかった。
・変速機がないので、加速がシームレスでスムーズ
という感じでした。

というわけで、個人的にはシリーズハイブリッドを高く評価します。
ただ、前のクルマを買うときにツインチャージャー車を試乗しながら、
「すごいけど、トルクそこまでいらんなぁ。使う機会ほとんどないし。」
とシングルチャージャー車を選んだり、
いまのクルマのときも乗り心地のいい4リンク車を買うつもりで試乗したら
ダンパーがいまひとつでいつまでもゆらゆらしてたのでパスして、
シンプルな足回りのトレーリングアームでも
ダンパーのセッティングが適切で揺れをすっきり収めてくれた
いまのクルマを選んだ身としては、
クルマはトータルバランスが大事だし、
いまの個人的な最大の関心事は高速のカーブをより安定して走ることなので、
ノートといま乗ってるゴルフヴァリアント1.2コンフォートラインを比べると、
モーター駆動は確かに魅力的だけど、
トータルではワイドトレッドで重心も低く足回りもしっかりした
いまのクルマのほうがいいなぁ、と。
(ディーラーさんが教えてくれたノートe-POWERのオプション込みの価格は、
 3年ほど前にいまのクルマを買った値段とちょうど同じくらいでした。)

とは言え、シリーズハイブリッド(モーター駆動)はとてもいいと思います。
でも、こんどクルマを買い替える頃には、
バッテリーに革命的進歩があってEVが主流になっているかもしれないし、
ひょっとしたら燃料電池車が…とかいろいろ思いを巡らせると、
いまからすごくワクワクしますね(^^)。
スポンサーサイト