fc2ブログ
DSC02480.jpg
2か月前に頂いた大信州槽場詰めの
いかにも生原酒、という感じの
微妙に炭酸を感じる新鮮な味わいが忘れられずに、
つい先日、再度松本の風林火山を訪れました。

DSC02481.jpg
メニューを見て、前回と同じ
「大信州 純米吟醸生 当日詰め」をオーダー。
前回は大雪渓とセットでしたが、
今回はひたすら大信州を味わうことにしました。

DSC02482.jpg
店員さんから、
「松本の新しい蔵で造った今年の新酒がきょう入りました。
 これまでの豊乃蔵のお酒と飲み比べますか?」
とご提案頂いたので、そうすることにしました。

DSC02483.jpg
DSC02484.jpg
上が豊乃蔵、下が松本の蔵のラベルです。
味的には豊乃蔵のほうがバンチが効いていて辛口、
精米度合いを上げた松本の蔵の新酒のほうがフルーティー、
といった印象でした。

いずれもおいしくいただきました。
ただ、ちょっぴり残念だったのは、
今回は豊乃蔵・松本蔵とも
前回の豊乃蔵ほどの生原酒らしさが感じられなかった、ということです。
やはり、お酒は生き物、ということなのか、
それとも、前回は大雪渓と飲み比べたのに対して
今回は大信州のみだったことが影響しているのか、
正直よくわかりません。
というわけで、つぎの機会にそのあたりを確認したいと思っています。
スポンサーサイト