2016.12.11 日産ノート
先月の車種別月間販売台数で、
日産車が30年振り(!)にトップを獲得したそうです。

00002939p.jpg
その日産ノートです。
車種追加したe-POWERが8割を占めたとのこと。
画像は普通のガソリン車の初期タイプ(^^;。

P1000528p.jpg
ちなみに30年前のトップはトラッドサニー。
コンサバですがシンプルなデザインと高品質感が好評でした。

ノートのe-POWERは、
ガソリンエンジンで発電して、その電気でモーターを回して走るというもの。
業界的にはいわゆるシリーズ・ハイブリッド
(鉄ちゃん的には電気式ガソリン動車(^^;。)
ですが、そうは言わずにわかりやすく
”e-POWER””電気自動車の新しいカタチ”と訴求したところに
PR戦略の妙を感じますね(^^)。

確かに、電気自動車で不安になるのは
航続距離と充電設備のある場所、そして充電にかかる時間なので、
そのあたりを気にしなくていい電気自動車、ということなら、
ちょっと乗ってみたくなりますね。
モーター出力も3リッタークラスのトルクなので、
きっと走りも爽快でしょう。
価格も、そのあたりからするとお得感が強く、
日産的には戦略的価格設定、要するにバーゲンプライスなのでは?
と思ったりします。

そんな”e-POWER”を車種追加したノートが
その月に月間トップを獲得したと聞くと、
日本のクルマ市場もまだまだ捨てたもんじゃないな(^^)、
と思ったりします。
スポンサーサイト