なつかしさのあまり、つい(^^;。

P1030711.jpg
かつて大ヒットした35mmフイルム使用のハーフサイズカメラ、PENの普及版Ver,2です。
レンズは28mmF3.5。
ハーフサイズなので35mm換算で40mm強というところでしょうか。
固定焦点なのでピント合わせは不要です。
シャッタースピードは1/250秒(フラッシュ使用時は1/30秒)。
レンズ周りのセレン光電池で露出は自動で合わせてくれるそうです。
まさにシャッターボタンを「押すだけ」の楽ちんカメラです。
(とは言え、撮るたびに裏面上部のダイヤルでフィルムを巻き上げる必要はありますが。)

pen060a.jpg
撮ってみるとこんな感じです。
(フィルムはすべてコダックのPORTRA160です。)
正直言って今のデジカメには全然かないませんが、
40年前の固定焦点のハーフサイズカメラにしては意外とよく撮れてるな、という印象です。

pen071a.jpg
大阪駅はちょっと暗いので写りがいまひとつ。
それにしても、新しい車両をこういうタッチの画像で見ると妙な感じです。

pen073a.jpg
大阪市中央公会堂です。
こういう被写体だとやはりしっくりきます。
デジカメのクリアでシャープな画像にちょっと飽きてきたら、
たまにはこういうお気楽カメラで撮ってみるのも気分転換にいいかもしれませんね(^^)。
スポンサーサイト