電車に乗っていて、車窓から見かけた車庫の電車を撮ることがありますが、
これが結構むずかしかったりします。

DSCF1206.jpg
こんなふうに、そこそこ上手くいくこともあれば、

DSCF4903.jpg
こんなのとか、

P1020101.jpg
こんなのとか、
失敗の山を積み重ねることもままあります(^^;。

最近、パナのGH4が、”4Kフォト”というコンセプトが受けて結構好評だとか。
似たようなのはニコ1でもやってたけど、
要するに、動画からベストショットを静止画として取り出す、というもの。

だから、というわけでもありませんが、
車窓から車庫の電車を撮るのはむずかしいので、
どっちかと言うと動画のほうが向いてるのでは?
ということで、試しに撮ってみました。

撮ったのは吹田総合車両所京都支所。
聞きなれない名称ですが、前の京都総合運転所がこうなったそうです。
もっとも、個人的にはこれもあんまりなじみがなく、
”向日町運転所”がいちばんしっくり来たりします(^^;。


撮ってみた感想としては、
動画で撮っても、期待したほどちゃんと見えるわけじゃないなぁ、と。
(やっぱり新快速の130km/hはだてじゃない?(^^;)
逆に言えば、スチルで撮ってミスショットを頻発するのも、
ある程度しかたのないことなのかな、と思いました。

それこそ、高性能な動画対応機で撮る”4Kフォト”が最適なのかもしれませんね。
スポンサーサイト