Eマウントの広角ズームです。

デジカメやレンズの選択については
あーでもない、こーでもないと試行錯誤を繰り返し続けているのですが(^^;、
最近ようやく「メインはXマウントで行こうかなぁ」と。

で、
「サブ機はどうしよう?
 X-M1もA1もEVFついてないしなぁ。
 それに、便利ズームほしいけどXマウントにはないしなぁ。
 マイクロフォーサーズならあるけど、
 やっぱりセンサーサイズはAPS-Cくらいはあったほうがいいよなぁ…。」
と思案していると
「あ、そう言えばEマウントにはあったっけ。」
というわけで、ソニーのNEX-6とタムロンの18-200をGET。
DSCF4841.jpg

で、先日フジの広角ズーム10-24mmの発表がありまして、
重さ410gで来年2月に発売とのこと。
「ちょっと普段使いには重すぎるかなぁ」とEマウントを見てみると、
10-18mmが225g。
というわけで、マイクロフォーサーズ一式をドナドナして(^^;、
入れ替わりでわが家にやってきました。
DSCF4970.jpg

広角ズームは街なかの建物撮影にとても便利です。
たとえば、
DSC00126.jpg
ふつーの18mm(35mm換算27mm相当)ではこんな感じなのが、

DSC00127.jpg
広角端の10mm(同15mm相当)では建物全体を写し取ることができます(^^)。

というわけで、軽くて使い勝手のいい10-18mmです。
もっとも、NEXとX-E1を2台持ち歩くことを前提とすれば、
便利ズームも広角ズームもどっちもNEXなので、
広角ズームは多少重いけどフジにつけておけば(出たら風景用に購入したいところ)、
いちいちレンズ交換しなくて済むのでそっちのほうが便利かなぁ?と
思ったりもしています(^^;。
スポンサーサイト