あの片岡温泉が『癒し』と『食』をテーマに
複合温泉リゾート施設に生まれ変わったそうなので、
さっそく行ってきました。

DSC04254.jpg
前あった場所からすぐの、近鉄湯の山線の線路向かいのR477沿いに移転しました。
駐車場はかなり広くなったし、建物もいろいろあって、どれに入ればいいのか悩みます。

DSC04255.jpg
これはよく見るとパティスリー&レストランっぽいし、

DSC04256.jpg
これは入口が見当たらないし、

DSC04258.jpg
というわけで、とりあえずこれに入ってみることにしました。

DSC04260.jpg
入ってすぐに、受付カウンターが。
どうやら正解のようです(^^)。

DSC04261.jpg
横のほうでは、オリジナルグッズを販売しています。

DSC04263.jpg
というわけで、いざ入浴。

DSC04267.jpg
浴槽は、浴室内には檜風呂、
露天は普通の露天風呂と寝湯、樽風呂の3種類ありました。
手前の普通の露天風呂(横長です)から竹林を望んだところです。
この奥に寝湯や樽風呂があります。

このなかでは、
寝湯が、形状が体に合うようにお尻の部分をくぼめてあり、
横になってもおなかもうまくお湯につかって冷えないので
気に入りました(^^)。

DSC04268.jpg
泉質的には、以前の泉質は六甲おとめ塚なんかに似た
アワアワの重曹泉っぽい感じだったのですが、
こんどのは硫黄泉のようなにおいや感じでした。
温泉分析書が掲示されていなかったので、あとでカウンターで訊いてみると、
「温泉分析書はお見せできるものがいま手元にない。
 同じ岩盤層から湧出している。泉質は前と同じアルカリ性単純温泉。
 湧出地は前とは異なる。」
ということで、要するに別の源泉ということのようです。

これはこれで泉質も悪くないし、施設のデザインはとても洗練されているし、
浴槽も結構工夫していると思うのですが、
個人的には、前のアワアワつるつるの源泉を
豪快にドバドバ掛け流すのが結構気に入ってたので、
前の浴槽も旧館として復活しないかなぁ、
と心ひそかに思っていたりします(^^)。

アクアイグニス(片岡温泉)
三重県菰野町菰野4800-1
059-394-7733
スポンサーサイト