近鉄奈良駅すぐのな・ら・らにあるフレンチです。
なら100年会館でオペラを観た帰りに訪れました。

IMG_5164.jpg
近鉄奈良駅からならすぐですが、100年会館からだと
三条通を東へ行き、小西通を北に上がって歩いて15分くらいです。

IMG_5180.jpg
メニューを見て悩んだ結果、ヴァンヌコースとアルルコースと1つずつオーダーして
シェアすることにしました。

IMG_5167.jpg
付き出しのうにのクリームソースとどこかのキャビア(うろ覚え(^^;)です。

IMG_5168.jpg
IMG_5169.jpg
前菜二種盛り合わせとメランジェサラダです。
上がアルルで牛肉のパテ、秋刀魚とホタテのミルフィーユっぽいの、
下がヴァンヌで、鴨のなんかと魚の…(これもうろ覚え(^^;。)
このあたりで、この店のすごさを確信しました。

奈良でフレンチをいただいたのは2、3回くらいですが、
この店で食べていて、10年以上前に一瞬フレンチに凝り、
大阪で、エブヴァンタイユやシェ・ワダ、菩菜風亭と食べ歩いた頃を思い出しました。
店主はビストロ・ヴァンサンクでの修行経験もおありとのこと。
なるほど、と唸らせるレベルの高さです。

IMG_5172.jpg
IMG_5173.jpg
どっちがどっちかわかりませんが(^^;、
かぼちゃのポタージュ(冷製)とサツマイモのクリームスープ(温製)です。

IMG_5175.jpg
IMG_5176.jpg
IMG_5177.jpg
メインディッシュです。
上からアルルの魚、鮮魚と天使の海老・松茸のパートブリック包み、
アルルの肉、仔牛ヘレ肉のステーキ 西洋わさびのクリームソース、
ヴァンヌの(肉)、大和ポーク肩ロース肉の蜂蜜と赤ワインのブレゼです。
魚はとにかく松茸(^^;、
肉は仔牛は素材を活かした調理、大和ポークは牛に負けない力強い味わいが
とても印象に残りました。

IMG_5178.jpg
IMG_5179.jpg
マダムのデザートです。
上がアルルの無花果をメインに使ったもの、下はヴァンヌ(うろ覚え(^^;)。
デザートもこの料理にふさわしい味わいです。

というわけで、超おすすめです(^^)。
このお値段(ヴァンヌコース3885円、アルルコース5460円)でこのお味、
リーズナブルはとっくに超えて、極めてコストパフォーマンスが高い、と断言できます。
フレンチ好きの方なら、だまされたと思って、
ぜひ一度行ってみられることをおすすめします。

ビストロ・ド・セラヴィ
奈良市小西町21-1 な・ら・ら 2F
11:00-14:00(L.O.)、17:30-22:30(L.O.) 月休(祝翌休)
0742-26-0141
スポンサーサイト