デジカメが出始めた頃に、ふと思ったことがあります。

それは、フィルムカメラの場合、
一眼レフはファインダーからのぞいた光景がそのまま写るけど、
フツーのカメラの場合はファインダーが別のところにあるので、
見たまま写るわけじゃないし、たとえばレンズキャップをはずし忘れてもわからない。
でも、デジカメのモニタ画面は撮像素子から引っ張ってきてるので、
見たままが画像として保存される。
てことは、これって一眼じゃん?レフじゃないけど。

きのうの朝刊で”ナノ一眼”PENTAX Qが近く発売されるという記事を見て
びっくりしました。
ニコンがミラーレスを出すという噂は前からありましたが、ペンタックスは初耳です。
撮像素子の大きさはどうなんだろ?APS-C?それともフォーサーズ?
マウントはソニーEマウント?マイクロフォーサーズ?それとも独自路線?
個人的には、最近一眼レフの重さがちょっとしんどくなってきたので、
このあたりのミラーレス一眼には興味しんしん。
というわけで、さっそく調べてみました。

で、結論から言うと、撮像素子は1/2.3型裏面照射型CMOS…orz。
要するに、いまふつうのコンデジでよく使われている流行りの撮像素子です。
いくら何でもこれで”一眼”は言い過ぎじゃないの?
「レンズ交換式コンパクトデジタルカメラ」くらいにしといたら…?
とちょっとエキサイトしてるうちに、冒頭のハナシをふと思い出したわけです。

商品自体は、なかなかおもしろそうです。
魚眼やトイカメラ風の画像を楽しめるレンズもあって、
値段しだいでは結構楽しめるかもしれません。
そう、これは一眼トイカメラ。
レンズ交換を楽しむカメラ。そう理解すればいいのかもしれませんね(^^)。

ただ、”一眼”だからと言って、
画質にはあまり期待しないほうがいいかもしれませんね。
なんせ撮像素子はまるでコンデジだし(^^;。

PENTAX Q ホームページ
スポンサーサイト