2010.04.26 みつか坊主
味噌ラーメン専門で評判の高いお店です。
平日は夜のみで日祝のみ通し営業という、ちょっと珍しい営業時間です。
最寄り駅は阪急と大阪モノレールの蛍池駅。
鉄分の高い方にとっては「ひと粒で2度おいしい」パターンです(^^;。

DVC00734.jpg

DVC00746_20100425185113.jpg
というわけで、行きは大阪モノレールで。
門真市から蛍池まで30分ちょい。意外と速いので、ちょっとモノレールを見直しました(^^)。
駅からはちょっと線路沿いに北へ歩いて、
大きな通りに出たら左に曲がってしばらくまっすぐ行くとあります。

DVC00739.jpg
人気店だけに、着いてみると数名並んでいました。
でもそんなに長く待つこともなく、15分くらいで中に入れました。

DVC00738.jpg
外で待っている間にメニューを見て、替りつけ麺(デフォですね(^^;。)をオーダーすることに。
中に入って店員さんに訊くと、今日は「赤味噌のブレンド」とのこと。
ちなみに小・中・大は200g・300g・400g。というわけで中を。
メニューに「値段はモノによって異なります」とあり、
まるで寿司屋の「時価」みたいでちょっぴりどきどきものだったりします。
(ちなみに今回は、食べ終えていざレジ前に立ってみると「950円です」。
 ほっと胸をなでおろしました(^^)。)

DVC00741.jpg
しばらくしてつけ麺が、そして「2号つけダレ」のご登場。(あとで訊いたら15種類ほどあるとか。)
きしめん感覚の幅広麺です。つけダレはあつあつ、濃厚。

DVC00740.jpg
指南書があったので、そのとおりにいただきます。
1.まずは麺をそのままで。
2.つぎにつけダレを味見し、味を確認(熱いので注意)。
3.ひと口分ずつ麺を取り、3分の1くらいをつけダレにつけて、
  まずは麺の味と香りを、それから麺とつけダレのコラボレーションをお楽しみください。
‥とまぁ、だいたいこんな感じなのですが、
1はよくあるパターン、2はあまり見たことはないけど理解できなくはない。
珍しいなと思ったのは3で、よっぽど麺に自信があるんだなぁ、と。
正直、途中でめんどくさくなったので、どぶんと全部つけダレにつけて食べてみたのですが、
(指南書にも、結局は自分の好きなように食べてください、とある)
やはりこの食べ方ではつけダレが勝ってしまい単調でおもしろくない。
というわけで、結局指南書どおりに食べることに。(ま、半分以上つけダレにつけてましたが。)
なかなかよく考えてるなぁ、と思いました(^^)。

DVC00742.jpg
指南書に「つけ麺はせいろ蕎麦やお鍋に似ている」とありますが、
個人的に全く同意見で、おそらく鴨せいろあたりからの着想ではないかと思っています。
ならスープ割は必ずあるはず、とお願いしてみると、なんとそば湯入れ(?)に入って出てきました。
そう言えば、麺を盛ってきた器も蕎麦っぽいですね。
そのわりに、つけダレの容れ物は取手が付いていて洋風カップ風、といろいろあって楽しめます(^^)。

正直、おいしい味噌ラーメン専門店のつけ麺くらいの軽い気持ちでオーダーしたのですが、
なんのなんの、出てきたものはとんでもなく前衛的でした。
京都城陽のあっぱれ屋か、ここみつか坊主かっていうくらい。
おそれいりました。脱帽ですm(_ _)m。

DVC00744.jpg

DVC00748.jpg
と言うわけで、すばらしいつけ麺に出会えたことに満足し、
阪急宝塚線で帰路についたのでした(^^)。

みつか坊主
豊中市蛍池北町3-3-13
19:30~翌2:30(日祝12:00~20:00) 月・第2火休(祝翌休)
06-6850-3532
スポンサーサイト