fc2ブログ
2023.05.05 豊和丸
ことしのGWは例年どおり信州で、きのう帰ってきました。
で、行きはこれまで第二京阪~京滋バイパス~名神~中央道がおきまりのルートでしたが、
第二京阪から京滋バイパスにかけての渋滞があまりにひといので、
去年から別ルートを試していて、
去年は名阪国道~東名阪~伊勢湾岸~東海環状~中央道で信州入りしました。
このルートは渋滞に当たらないのはいいのですが、
名阪国道に加えて中央道恵那山トンネル以西と、
ジェットコースターまがいの道を立て続けに走るのはさすがにしんどいので(^^;、
今年はR307で信楽に出て、
そこから新名神~伊勢湾岸~東海環状~中央道で信州入りしました。
(ちなみにこのルート、高速に乗るまでに2時間近くかかったので、
 名阪国道ルートとどっちがいいかは微妙だったりして(^^;。)

00002780.jpg
で、お昼は多治見あたりかなぁ、だったら井ざわでそばでも…、と思っていたのですが、
鈴鹿でもうお昼どき(^^;。
じゃあ、菰野で降りて、うな勢でうなぎか、その近くの回転ずしでも…、
と思いながら湯の山街道を四日市市街に向かう途中、
東名阪の四日市ICを過ぎですぐのところに回転ずしのお店。
インターすぐのロケーションに惹かれて、
入ってみることにしました。

で、魚のアラとアオサの赤だしに、9皿ほどオーダーしてシェアしました。
居酒屋と回転ずしは基本食事を撮らないことにしているので、
何をオーダーしたのか忘れてしまいましたが(^^;、どれもおいしかったし、
トータルでも4千円ちょいと、この味なら十分リーズナブル、というか、
コスパ高いです(^^)。

というわけで、味よし、コスパ高し、ロケーションよし、と、
3拍子揃ったお店です(^^)。
四日市あたりでおすしが食べたくなったら、
また足を運びたいと思います。
スポンサーサイト



東名阪道の御在所SA下り(大阪・伊勢方面)のフードコートにある
宮きしめんの支店です。

DSCF2188.jpg
2年前の冬、正月返上でコンビニのレジ打ちにいそしんだ際、
よくお世話になりましたm(_ _)m。
今回は松本からの行楽帰りに立寄りました。

DSCF2187.jpg
そのときは白えび入りかき揚げきしめんがおきまりのオーダーでしたが、
今回は冷たいのも試してみたかったので、
とろろきしめんとかき揚げおろしきしめんをオーダーしてシェアすることにしました。

DSCF2185.jpg
とろろきしめんと、

DSCF2184.jpg
かき揚げおろしきしめんです。

感想としては、冷たいのもこれはこれでおいしいし、
とりわけ暑い時期は魅力的なんだろうけど、
やっぱり平麺のきしめんは讃岐うどんとはちがって、
基本的にはあったかいほうが相性がいいかなぁ、という感じでした。

というわけで、次回、個人的定番の、
白えび入りかきあげきしめんをオーダーするのが
いまから楽しみです(^^)。
2022.03.20 うな勢
四日市にあるうなぎ屋さんです。
おととしの正月に行って気に入って、
今回で3度目になります。

DSCF1360.jpg
今回はつきあいで名古屋市美術館にゴッホ展に行った帰りに寄りました。
で、そのあとアクアイグニスで3月もクリア(^^)。
ちなみに来月は湯村の薬師湯、GWは信州に行くつもりなので、
とりあえず5月までは目標達成できそうです(^^)。

DSCF1362.jpg
店に入ってすぐ目につくのが
”広報担当”ラッキーちゃん(^^)。

DSCF1361.jpg
撮ったときは気づかなかったのですが(^^;、
よく見ると2匹いるようですね。

DSCF1364.jpg
メニューを見て、「うなぎ攻め(^^;定食」の茶碗蒸し、粕漬け、うざくでデザート抜きと、

DSCF1365.jpg
上丼をオーダーしてシェアすることに。
あ、もちろん半助もオーダーしました(^^)。

DSCF1366.jpg
半助は出てくるのが早いので、
つまみながらメインディッシュを待つことに。

DSCF1368.jpg
で、メインの上丼と、

DSCF1367.jpg
件の”うなぎ攻め”定食です。
ちなみに左上から白焼き、かば焼き、
(お漬物)、洗い、う巻、
(ご飯)、肝吸い、粕漬け、うざく、です。
まさに、”うなぎ尽くし”ですね。

それにしても、”うなぎ攻め”って、
これでどうだ!って勢いを感じますね(^^;。

DSCF1369.jpg
ちなみにセットの茶碗蒸しは、
ちょっとあとから出てきました。

DSCF1371.jpg
で、気になったので、
結局、アナザーチョイスの徳利蒸しもオーダーして、
”うなぎ攻め”を極めることに(^^;。

というわけで、うなぎ尽くしをたんのうしました(^^)。
ちなみに定番の白焼き、蒲焼き、肝吸い以外では、
個人的には、洗いとうざく、
つれあいは粕漬けとう巻が気に入ったようで、
結局、「次回もこれでいいんじゃない?」ってことに。
ちなみに個人的には茶碗蒸しと徳利蒸しでは、
どっちかというと茶碗蒸しかな?という感じでしたが、
(徳利蒸しには、個人的にあまり得意でない半熟玉子が入ってたので)
つれあいは「徳利蒸しもいいんじゃない?」って感じでした。

ちなみに、昨年9月に行った豊川の”鰻フルコース”は
昆布巻き、うざく、肝焼き、薄造り、白焼き、う巻、肝吸い、
うな重またはかば焼き+ごはん、(漬物)で8,000円、
うな勢の”うなぎ攻め定食”は上記内容で5,400円。
やっぱり三重県中勢エリアはCPが高いですね(^^)。

今回は蔓防期間中のLO1時間前に行ったので
あまりそんな感じでもありませんでしたが、
いつもはとても活気があって、
うなぎ愛に満ちた店員さんがてきぱき動き回っているお店です。

というわけで、おすすめです。
四日市にお出かけの際は、
ぜひ一度”うなぎ攻め定食”をお試しください(^^)。
2021.10.03 うなふじ
何年か振りにうなふじに再訪しました。
今回で2回目になります。

DSC05245.jpg
伊勢道の芸濃ICとR23を結ぶ県道沿いにあります。
アクセスはクルマ一択です。

DSC05247.jpg
店内はこんな感じ。
庶民的というか、ひとことで言えば食堂っぽい感じですね。

DSC05248.jpg
うなぎ丼(特)を注文しました。
卓上のメニューでは、並は3切れ、上は4切れ、特は5切れとのこと。
ちなみにうなぎ丼はきも吸いとお漬物付です。
いっしょに注文した半助は売り切れでした。残念!

DSC05246.jpg
というわけでうなぎ丼の特です。
うなぎはパリッとしておいしいし、ボリュームもたっぷりです(^^)。
ふたを開けて、
「あれ、4切れ?しっぽが大きいからこれで2切分かな?」と思いながら食べ進むと、
下からもう一切れ出てきました。看板に偽りなし(^^)。
ていうか、「5切れというより、まるまる一尾?」という感じでした。

というわけで、久しぶりのうなふじ本店でした。
正直、コスパ最強です(^^)。
うなぎ丼のサイズはおなかの空き具合と相談して決めるとよいでしょう。
コスパ的には並がベストかと。
量的にも十分だし、うな吸いまでついてくるし。
個人的には、珍しく特を頼んだにもかかわらず、
「これなら上で十分。
 つぎは上を半助付きで注文しよ!」
という感じでした。

支店との比較では、
店の雰囲気が本店はいかにも食堂然、
支店は心持ち落ち着いていて上品でこじんまりとした感じで、
店の混み具合は本店は土日はまず行列まちがいなし
(今回は小雨交じりの平日13時過ぎに行き、たまたますんなり入れました。)、
支店はそこまでは混んでないという感じです。
ロケーションも異なるのでTPOに合わせて選ぶとよいでしょう。

というわけで、
個人的には、次回は支店の番、という感じです。
でも、本店は本店で趣があるし、個人的にはきらいでもないので、
次の次は時間が合えば(本店のほうがランチのラストオーダーが30分ほど早いです)
本店に行きたいなぁ、と思います。
2021.04.10 うなふじ支店
三重県の中勢エリアあたりは知る人ぞ知るうなぎ処、というか
おいしいうなぎをリーズナブルにいただけるお店が多くあります。
うなふじ支店もそんなお店のひとつです。

DSC03196.jpg
津市河芸町のR23沿いにあります。
ちなみに近鉄名古屋線の千里駅からも歩いて行けるようです。

DSC03197.jpg
うなぎ丼の上に半助をプラスしました。
個人的には半助のCPの高さがすこぶるお気に入りで、
多少硬かろうが骨があろうがこれと白ご飯でじゅうぶんなくらいなのですが、
そのCPの高さもかすんでしまうくらい
とにかく焼きたてのほかほかのうなぎがおいしかったです。

本店にも一度行ったことはありますが、とにかく並ぶし食堂然としているので、
そこまで並ばなくてよくて、かつ落ち着いた雰囲気で食べられる
(おまけに電車でも行ける)うなふじ支店は敷居が低いというか、
行きやすいのでおすすめです。

とはいうものの、久しぶりに本店にも行ってみたくなりました。
あれはあれで庶民的で味わいもあるし。