fc2ブログ
豊岡出張の際、ランチで立寄ったお店です。

DSC01095.jpg
駅から商店街をちょっと歩いたところにある、
ふれあい公設市場の奥のほうにあります。、

DSC01096.jpg
”入口”から市場に入って、そのまま進んでいくと、

DSC01093.jpg
まん中あたりに”当て曲げ”があり
その先はこうなっています。

DSC01090.jpg
さらに先へ進むと、市場のほとんどいちばん奥、というか、
反対側の入口のすぐ近くにあります。

DSC01087.jpg
反対側の入口はこんな感じです。
ちなみに、私は、
お店が市場内にあることを知らずに地図を片手に探し歩き、
たまたまわき道から市場のまん中あたりに迷い込んでしまった結果
ようやくたどり着くことができたのでした(^^;。

DSC01085.jpg
メニューをみて、
コスパ重視でそばランチ1300円にしました。
ちなみに、豊岡なので出石蕎麦のお店かと思いきや、
こぎれいないまどきのお店でした。

DSC01086.jpg
そばランチです。
盛りそばは野趣味あふれる味わいで美味、
天ぷらは、心もち油切りが足りないかな、と思わなくもありませんでしたが、
上手にさっくり揚がってたし、具も質がよかったのか、
それほどこだわってるふうでもないごく普通の塩でいただきましたが、
おいしくいただきました(^^)。
おこわに関しては、味自体は悪くありませんでしたが、
まとまりがいまひとつというか、もち米(?)がばらばらになりがちで、
結局そのままではいただけなくて、お箸でいただいたのでした(^^;。

というわけで、トータルではだんぜんおすすめです(^^)。
豊岡でいま風のそばをいただきたいときにぜひどうぞ。
スポンサーサイト



2022.07.18 三七十鮨
ことしの年頭に「月に1回は温泉に行く」という目標を立てましたが、
6月は一度も行けずじまいで、
あえなく半年で目標未達が確定しました(^^;。

ま、GWに山ほど温泉入ったので、
こういうときは、たとえば、
「おしなべて(=平均して(^^;)月に1回くらいは温泉に行く」と
達成できそうなレベルに目標修正するのが吉かと(^^;。

というわけで、きのうは湯村の薬師湯へ行って
とりあえず7月はクリアしました(^^)。

DSCF2554.jpg
で、その帰り、
ちょっと遠回りして香住漁港すぐのお寿司屋さんに行ってきました。

DSCF2558.jpg
事前にロクにリサーチせず、
ほとんど飛び込みで入ったようなものなので、
内心ひやひやでメニューを見てみると、
にぎりはどれも結構なおねだんでしたが…

DSCF2555.jpg
丼ものはわりあいリーズナブルだったので(^^)、
海鮮丼と香住丼スペシャルをシェアすることにしました。

DSCF2557.jpg
というわけで、海鮮丼と、

DSCF2556.jpg
香住丼スペシャルです。
さすがは漁港すぐのお寿司屋さんだけあって、
ネタが新鮮で期待通りの味わいです(^^)。
アラの味噌汁も出汁がよく出ていて美味でした。

というわけで、また行こうと思います(^^)。
湯村からはちょっと遠回りになるので、
時間に余裕のあるときに。
2022.04.17 こじゃんと
DSCF1573.jpg
神戸三宮のサンプラザのB1にある土佐丼のお店です。
土佐丼というものが一般的かどうかよくわかりませんが、
説明書きによれば、
鰹の漬け丼に鯖(卓上)?うるめ(立て看板)?の漬け、
玉ねぎ、青ネギ(、ニンニクチップ)を加えてアレンジしたもののようです。
個人的には、かなり前に一度食べてからというもの、
三宮と言えばこじゃんとの土佐丼、というくらいの大のお気に入りです(^^)。
あっさりしているのに程よくジャンクで、妙にクセになる味わいで、
ときどき無性に食べたくなります。
というわけで、久しぶりに行ってきました。

DSCF1576.jpg
いろんなバリエーションがありますが、
バランスが崩れるんじゃ?という不安から、
いつも基本の「並盛り」をオーダーしています(^^;。
全部の具をまんべんなく増量するようなメニューが出れば、
一度試してみたいところです。

DSCF1574_20220417172055e5a.jpg
ちなみに件の立て看板です。
拡大してもちょっと文字が不鮮明ですが、
こちらには「高知沖鯖」ではなく、
「宇佐漁港ウルメの柚子胡椒漬け」とありますね(^^;。

DSCF1577.jpg
というわけで、基本の土佐丼並盛りです。
卓上に漬けタレが置いてあったので、
試しにかけてみたのですが、
醤油辛くなくてほんのり甘く、色も薄めでした。
このタレが味の秘訣なのかもしれません。

いずれにしても、いつも通りおいしくいただきました(^^)。
お値段も並盛りで680円とリーズナブル。
唯一のネックは、
食べるのにわざわざ三宮まで行かなきゃなんないこと。
ミナミに支店できないかなぁ…(^^;。
2022.04.07 笑来園
先週の土曜日は、和田先生に診てもらってから
お昼はケパサの本店(河原町丸太町上る)でブリトー、
それから湯村温泉の薬師湯へ。

薬師湯の帰りは、ちょっと前までは、
和田山の海舟丸という
安くておいしい回転ずし屋によく行っていましたが、
残念ながら2、3年前に閉店。

それからというもの、
夕食をいただけるよい店がなかなか見つからなくて、
薬師湯から足が遠ざかっていました。
一度、養父駅近くの手打ちうどん一心に入ってみたらおいしかったので、
この日も行こうと思っていたのですが、
ネットのグルメサイトで見ると夜7時半まで。
お湯から上がってきたのが6時20分頃だったので、
ラストオーダーの時間次第では何とかなるかな…と電話してみると、
「ラストオーダーは6時半です。」とのつれない返事(TT)。

しかたがないので2時間走って、
西宮名塩のSAのフードコートでそばでも食べるとするか、
と薬師湯を出て、
湯村温泉の路地をゆっくり進んで行くと、
奥のほうに灯りのともった飲食店が2,3軒(!)。

というわけで、そのなかの一軒に思い切ってチャレンジしてみました。

DSCF1462.jpg
選んだのは中華料理屋さん。
ちなみにほかの2軒は寿司屋さんと定食屋さんでした。

DSCF1463.jpg
トマトと豆腐のスープとライス小、

DSCF1464.jpg
野菜スープとライス小、

DSCF1466.jpg
エビチリ、

DSCF1465.jpg
カニ玉をオーダーしてシェアしました。

結論から言うと、当たりです(^^)。
おいしいと思って期待していくとがっかりするかもしれませんが、
十分普段使いできるレベルのおいしさです(^^)。
職場近くにあればランチに通いたいくらいです。
(ま、値段次第ではありますが(^^;。)

そんなお店が、湯村の温泉街で見つかるなんて。
これで、ここのところ、足が遠のいていた薬師湯にも、
また足繁く通えるようになりますね(^^)。
ヴィーガン・ランチ行脚です。

DSC05991.jpg
神戸・元町の、ちょっと路地を入ったところにあります。
土地勘のあるエリアなので、あらかじめ地図で概ねの場所を確認して
そのあたりを探してみると、それらしき看板が。

DSC05987.jpg
で、外観を撮ろうとちょっと引いてみると、
よく目立つ空色の店構え。
つぎからはこれを目印に探せそうですね(^^)。

DSC05993.jpg
ランチは2種類。
スペシャルプレートをオーダーしました。
ちなみに、ヴィーガン専門店ではないとのことだったので、
「ヴィーガンでお願いします」とオーダーしたら、
きょうのスペシャルプレートはもともとヴィーガンとのことでした。

DSC05981.jpg
スペシャルプレートランチです。
リーズナブルだし、食べ応えもあるし、
おいしいし、ということで言うことなしです(^^)。
おまけに店の内装も趣味がよく(あり物を上手に使っている感じの内装です。)
居心地もよくてゆっくりできるお店です。
しいて言えば、女子率が非常に高く、
よく言えばにぎやかで活気があります。
(ま、いい店にはありがちなことですが、
 成年男子がひとりで入るにはちょっと敷居が高いかも(^^;。)

菜美で紹介してもらったガイドブック片手に
これまでに20店近く回りましたが、
その中でも1、2を争うくらいのいいお店が
神戸・元町の街なかに、
しかもこんな隠れ家みたいにしてあるなんてうそみたいです。
というわけで、超おすすめです(^^)。
ヘルシーな食事がお好みの方なら、
だまされたと思ってぜひ一度お訪ねください。