fc2ブログ
名古屋の繁華街、栄にあるラーメン屋さんです。

IMG_0403.jpg
栄へは名古屋市地下鉄東山線で。
名古屋駅から2駅で栄です。

IMG_0418.jpg
栄からは歩いて5分くらいでしょうか。
ちょっと西へ行って北に上がったところにあります。

IMG_0408.jpg
賑やかな夜の街をすり抜けてお店に到着です。

IMG_0411.jpg
この店は、麺なかのの流れを汲んでいるそうです。
個人的には、以前、麺なかので辛口油そばと中華そばをシェアしたときに、
最初に辛口油そばをひと口食べたら、あまりの辛さに舌が利かなくなってしまい、
中華そばの繊細な味わいが全然わからなくなってしまった、
という苦い経験があります。
で、機会があれば中華そばをもう一度食べてみたいなぁ、と思っていたので、
今回、麺なかのの流れを汲むこの店で中華そばを試してみることにしました。

IMG_0412.jpg
中華そばです。
スープは繊細な和風だし。あまりにあっさりしているので、
物足りないと思う方も結構いるかもしれませんね。
個人的には、これはこれでいいのかな、とは思いましたが、
麺がちょっと歯にまとわりつく感じがあったのはちょっぴり残念でした。
トータルでは十分おいしい部類に入ると思います。

IMG_0413.jpg
念願の中華そばを味わった後は、やっぱり辛口油そばでしょう。
以前食べていたく気に入っていたので、再度オーダーしました。
(ちなみに豊橋の満天星 DODANでも似たようなメニューがあったのでオーダーしたら、
 期待したのとはちょっとちがってたのでがっかりした記憶があります(^^;。)
ここは麺なかの直系だけあって、まさに期待したとおりの味!
ちょっぴりジャンクな味わいの、あまからテイストを満喫しました(^^)。

中華そば 鈴木
名古屋市中区錦3-11-14 錦メイトウビル1F
19:00-翌3:00 日、祝、1・3月休
052-972-7554
スポンサーサイト



2011.07.02 喜楽
四日市市内にあるラーメン屋さんです。

P6270093.jpg
最寄り駅は近鉄内部線の泊駅。
ちなみにこの線、全国でも貴重なナローゲージです。
軌間は762mm。関西私鉄の大部分や新幹線の半分くらい、
JR在来線の4分の3くらいの幅です。

P6270110.jpg
その貴重なナローゲージの電車(ちなみにエアコンも付いてません(^^;)に、
四日市からゴトゴト揺られて10分くらいで泊に着きます。

P6270107.jpg
お店は駅から歩いて5分くらい。
そんなにややこしい道のりではありませんが、2、3回は曲がるので、
初訪の際は地図持参が無難でしょう。

P6270101.jpg
あまり悩むところのない、潔いメニューですね(^^;。
というわけで、迷わず並をオーダー。

P6270103.jpg
待っている間に、こんな張り紙を見つけました。
いかにも地域密着型という感じですね(^^)。

P6270104.jpg
出てきたラーメンは、いかにも”なつかしい味”。
子供の頃インスタントラーメンをよく食べましたが、その中の
サッポロ一番のしょうゆ味は、こんな感じのラーメンをモチーフに
作ったんじゃないか、そんな感じの味わいです。
スープはやさしい感じ。
チャーシューやメンマもきちんと作っています。
麺はぼそぼそっとした感じですが、
ここでこまかいことをとやかく言うのは野暮というものでしょう。
このなつかしい、地元の方に愛され続けている昭和の味を、
子供の頃を思い出しながらしみじみと味わいました(^^)。

喜楽
四日市市前田町5-4
11:00-18:00 日休
059-347-0406
2011.04.18 麺や 青雲志
きょうは、金久右衛門の梅田店か信濃路にでも行こうかと思ったのですが
いずれも定休日。
じゃあ、と食べログで近県のラーメンベスト100をざっと見てみると
三重県の2位に見なれない名前。
最寄り駅は名松線の権現前駅、とありますが、
地図をよく見ると伊勢中川からも歩けそうです。
というわけで、思い立ったが吉日、さっそく行ってきました。

DSC_0218.jpg
西大寺までは普通で。

DSC_0227.jpg
西大寺から八木まではACE、

DSC_0239.jpg
八木からはAceの特急乗り継ぎで中川へ。
さしずめ”ラーメン・エクスプレス”ですね(^^;。

DSC_0244.jpg
伊勢中川に到着です。
西口からすぐの幹線道路に出て、ひたすら南へ歩きます。

DSC_0253.jpg
おなかが空いてたせいか(^^;、多少急ぎ気味に歩いて12、3分でお店に到着。
普通に歩けば17、8分というところでしょうか。

DSC_0251.jpg
特製つけ麺の980円は多少高いという気もしましたが、
ここまで来てチャーシューなし、ってのもさすがにわびしいので、
思い切ってふんぱつしました(^^;。

DSC_0247.jpg
DSC_0248.jpg
DSC_0250.jpg
DSC_0249.jpg
券売機の上には説明書きが。
いろいろこだわってるようです。

DSC_0246.jpg
卓上にはつけ麺の食べ方指南。
素直に従うことにしました。

DSC_0252.jpg
出てきたつけ麺は、豚骨魚介のつけダレに極太麺。
(ちなみに青い筒には割スープが入ってます。)
つけダレは、麺屋たけ井のつけダレの甘さを抑えたような感じで、
個人的には結構好みでした。
麺は黄色い半透明で表面つるつるの多加水麺。
個人的にはあんまり得意なタイプではないのですが、
このタイプにしてはあまりくせはなかったような気もします。
自家製麺とのことなので、作り方をうかがってみたい気もしたのですが、
お客さんが途切れずに入ってきてたのでまたの機会ということに。

というわけで、暫定おすすめです。
玉五郎やみさわ、TETSU(京都)の麺がお好きな方なら文句なしにおすすめします。
個人的には、せっかくの自家製麺なので、
ふつうのラーメンの麺も試してみたいと思いました。

麺や 青雲志
松阪市嬉野権現前町神北405-14
11:00-14:30(土のみ17:00-19:00も営業) 火休
TEL非公開
2011.02.24 らーめん三吉
IMG_1444.jpg
名古屋市地下鉄の荒畑駅から徒歩3分だそうです。
(ちなみに私はクルマで行きました。)
名古屋のラーメン好きなら知らない人はいない(?)、
伝説の名店「三吉」の名を今に受け継ぐお店です。

メニューを見るとユニークな品がいろいろあって目移りします。
(店外のを撮ったのですが上手く撮れてませんでした…orz。)
お店の方に訊くと、
「どれもおすすめですのでお好みで選んでいただければ結構かと思いますが、
初めての方には定番の塩、うすくちしょうゆ、しょうゆをおすすめしてます。」
とのこと。
結局、「塩」と「えび風味のほろにがみそつけめん」をオーダーしました。

IMG_1447.jpg
えび風味のほろにがみそつけめんです。
麺はラーメン用と同じでしょうか。少なくとも太さは同じくらいです。
つけダレは確かにほろにがで、ほんのりえびの風味もします。
麺とのバランスはうまく取れているし、十分おいしいのですが、
個人的には、同じテイストでもうちょっと濃厚なのを
つけ麺用の太麺で食べてみたい気がしました。

IMG_1448.jpg
定番の塩です。
白湯ですがシャープな味わいに、つい三吉を思い出しました。
もっとも三吉は清湯だったので、全然別物と言われればそのとおりなのですが。
個人的に、三吉は名古屋で一、二を争う名店だと高く評価していたので、
ついついノスタルジーに浸ってしまいました(^^;。
(とは言え、三回ほど店の前までは行きましたが、うち二回はふられたので、
 結局一度しか食べる機会はありませんでしたが(^^;。)

これからも、三吉の名をたいせつに伝えていってほしいものです。
そしていつかは、本家に負けないような清湯の塩ラーメンを、
「らーめん三吉」で食べてみたいものですね(^^)。

らーめん三吉
名古屋市昭和区鶴舞4-15-16
11:30-14:00、18:00-21:30 月休(祝翌休)
052-741-6880
2010.09.27 あった亭
R0010545.jpg
御殿場ICからすぐのところにあるラーメン屋さんです。
地図を見ればJRの駅からも歩いて行けそうです。

R0010546.jpg
ラーメン本に緑色のスープのラーメンが載ってたので、
興味本位(コワいもの見たさ?(^^;)で行ってみたら、
緑色のラーメンは品切れでした。
仕方ないので「こうばしい魚だし正油」と「えびの香りの塩」をオーダーしました。

R0010548.jpg
「こうばしい魚だし正油」です。
魚粉を効かせるといえばまずつけ麺を思い出しますが、
ふつうのラーメンでもこういう使い方があるんだなぁ、と正直感心しました。

R0010549.jpg
「えびの香りの塩」です。
「自家製小エビペーストをたっぷり使った香り高いスープをお試し下さい」とありますが、
食感的には魚だし醤油と似て、魚粉ならぬ”海老粉”たっぷり、という感じです。

魚だし、えびに共通して言えることは、
”粉”は確かにおいしいことはおいしいんですが、
ちょっと味の奥行きが浅いかな、という気もしました。

あと、スープと比べて麺がやや弱いような印象を受けました。
静岡で食べるとこういう印象を受けることが比較的多いです。

とは言え、トータルでは十分おいしい部類に入ると思われるので、
今後の改良に期待したいところですね(^^)。

あった亭
静岡県御殿場市新橋1536-2
11:30-14:30、17:30-20:30 木休
0550-83-0901