fc2ブログ
00002703.jpg
関西では数少ない(唯一の?)ヴィーガンラーメン専門店で、
以前からお世話になっているお店です。
最寄り駅は京阪の樟葉ですが、駅からちょっと距離があったので、
以前はクルマか駅からバスで行っていましたが、
2、3年くらい前に駅寄りに移転して、駅から歩けるようになりました。
(といっても距離はそこそこあり、きょう実測したら徒歩14分ほどでした。
 参考までに、途中、信号が5、6個あり、半分くらいにひっかかりました。)

00002705.jpg
かなり前からお世話になってるので、
ラーメンは水曜限定のべじ和えそば以外は食べたことがあります。
で、結局、寒い日は味噌べじらーめん、がっつり食べたい日はべじ油そばの
2メニューに収束しました。

ちなみに、四川風べじつけ麺や汁無しべじ担々麺も結構いい感じなのですが、
四川風べじつけ麺はスープ割ができないので、個人的に損した気分でNG(^^;
(スープ割なしが気にならない方にはおすすめです。)、
汁無しべじ担々麺は使っている平麺は個人的に好みなのですが、
結構本気で辛かったりするので個人的にはちょっとキツいかな、という感じです。
(これも、辛いのが得意な方にはおすすめです。)

サイドは最初の頃サービスでついてた玄米ごはんと、
毎回セットで頼んでるべじ餃子くらい。

結局、きょうは、べじ油そばだけオーダーしました。
いつものべじ餃子にも惹かれましたが、
大台越えがひっかかったのと、
きのう定健で体重3kg減、ウェスト5cm減をいたくほめられたので(^^;。
(ちなみにウェストは、自分でもびっくりしたので、
 「え、ほんとですか~?!」
 「2回測り直したから間違いありません。
  食生活改善ってどうされたんですか?」
 「夕食の前に揚げおかき(主にぼんち揚げやおにぎりせんべいの
  高モノバージョン)を食べてたのをやめてナッツに替えました。」
 「へぇ~。じゃあ私もナッツにしようかなぁ…」
 てなやりとりがあったりして(^^;。)

00002706.jpg
というわけで、べじ油そばです。
やっぱり食べ応えがありますね(^^)。

ま、ラーメンの類は、いくらがんばったところで、
結局は、野菜が少なく塩分が多い、
バランスのよくないジャンクフードの域を出ないので、
たまに恋しくなったときに理性のたがを外して食べるくらいの
つきあい方がいいような気がします(^^;。

00002716.jpg
帰りに、新装なったくずはモールの”SANZEN-HIROBA”に寄ってきました。

00002707.jpg
京阪ご自慢の名車、旧3000系が展示されています。

00002708.jpg
今回新たに、先日引退した、
”日本初の5扉車”5000系のカットモデルが展示されることになりました。
せっかく”日本初の5扉”がエポックメイキング、ということで保存するんだったら、
もうちょっとがんばって1両(=5扉)まるまる保存すればよかったのに、
と思ったのは私だけでしょうか(^^;。

00002715.jpg
ほかには2600系の先頭部カットモデルなどが展示されていました。
きのうリニューアルオープンしたばかりなので、
たくさんの来場者で賑わっていました(^^)。

行きは西大寺から丹波橋経由、
帰りは淀屋橋から心斎橋筋を歩いてミナミに出て帰りました。
途中、見かけた「明日へのカレー」が閉まってたので、
のぞいてみると、「4月21日(木)で閉店しました。」との張り紙が(TT)。
飲食店は諸行無常です。
スポンサーサイト



最近は毎週のように台湾バーガーのルーズバオで
(自分が食べれる)メニューのコンプリートにトライしていて、
現時点でプラントベースバーガー、フライドフィッシュバーガー、
高野豆腐カツレツバーガー、プラントベース竜田バーガーまで試食済で、
残すはファラフェルと豆腐つくねのあと2つ、というところまで来ました。

で、きょうはファラフェルを試してリーチ!と
オタロードを南に下ると、アニメイトの手前で,
人のよさそうなメイドカフェの客引きの女の子に声をかけられました。
いつものようにニコッと会釈してスルーしようとしたのですが、
上手についてきたので、
「すいません」と笑顔でやり過ごしました。
で、アニメイトの角を左(東)へ曲がり、堺筋に出て南へ下って
ルーズバオに着いてみると本日は臨時休業(TT)。

で、道具屋筋の松屋でたぬきそばでも食べるか、と、
もと来た道を戻ると、オタロードでまたさっきの子に出会いました。
で、ちょっぴり苦笑交じりの笑顔で会釈して通り過ぎようとすると、
向こうも覚えていたらしく、今度はそれ以上ついてはきませんでした。

オタロードを北に上がりながら、ふと、
「そういえば、堺筋の南のほうに入ったことのないベトナム料理のお店があったっけ。
 たしか海鮮ビーフンか何か食べれるメニューがあったような…。」
と思い直して再度Uターン(^^;。
でも、さっきの子の前をまた通るのはさすがに気まずいよなぁ、と、
アニメイトの1本手前の角を左に曲がり東に進むと…

00001437.jpg
ふと目に入った牡蠣ラーメンのお店。
店頭でメニューを見ると、
チャーシュー抜いたら食べれるかな?という感じだったので、
訊いてみることにしました。

00001435.jpg
「牡蠣ラーメンって、何が入ってるんですか?」
「チャーシューと海苔、ネギ、メンマ、牡蠣のアヒージョです。」
「じゃ、肉ダメなんですけど、チャーシュー抜いたら食べれますかね?」
「いけると思います。
 値段は変わりませんけど代わりに味玉トッピングしますよ。」
それじゃぁ、というわけで、
元祖牡蠣塩らぁ麺をオーダーすることにしました。

00001436.jpg
というわけで、
元祖牡蠣塩らぁめん”るーとスペシャル”(^^;です。
まずひと口スープを、と不用意にすすろうとすると、
「!」
牡蠣(ミンチ?)のアヒージョの油のせいでしょうか、かなりの熱さで、
もうちょっとでやけどするところでした。油断大敵です(^^;。
というわけで、こんどはスープをよくかき混ぜて、
アヒージョをスープによくなじませてからすすります。
うん、こんどは大丈夫(^^)。
スープはコクがあって結構美味です。
麺もストレートでくせのないおいしさです(^^)
無料トッピングのバジルやすりごまも
ラーメンとの相性はいい感じでした。

ただ、スープは味的に塩辛いということはありませんでしたが、
塩分濃度はそれなりに濃そうな印象を受けました。
また、牡蠣のアヒージョは、
結構くせ、というか、におい、というか、があるので、
牡蠣がお好きなかたにおすすめします。
(食べたあともしばらくの間それが残りました。)

個人的には、牡蠣はそんなに嫌いなほうでもないので、
毎日でも食べたい、というほどではありませんが、
そのうち機会を見て、
こんどは”辛牡蠣塩らぁめん”でも試しに行こうかな、
という感じです。
きょうは日本橋でトキワカメラをのぞいたあと、
前に星(あかり)への道すがら見つけて、
先週試しに入って意外とよかった
中国東北料理の恒源小吃で別のメニューを試そうと、
千日前から相合橋筋を道頓堀へと歩いていくと…

DSCF1085.jpg
何ともまぁ魅力的ではありませんか。
というわけで突如方針転換(^^;。

DSCF1086.jpg
相合橋筋と道頓堀商店街の東南角にあるビルの5階にあります。
ちなみに入口は相合橋筋側だけのようです。

DSCF1080.jpg
エレベーターを降りるとすぐ店内です。

DSCF1081.jpg
客席はテーブルごとにカーテンで区切られていて、
どのテーブルからも鯛が泳ぐ姿が見られるようになっています。
元ラーメンフリークとしては迷わず鯛らーめん「新味」御膳をチョイス。

DSCF1084.jpg
鯛の小鉢3品に鯛めしに鯛らーめんと、とにかく鯛づくしです。
らーめんのスープの出汁も鯛出汁のようで
心持ち甘めですが十分許容範囲です。
というか、これほどの内容でこのお値段(税込1,100円)なら、
多少のことがあっても目をつぶろうというものです。
おそらく集客の目玉ということでしょう。

というわけで、客の立場としては文句のつけようがありませんが、
客観的に見たときには、どう考えてもこれで採算が取れているとは思えません。
というわけで、このメニューは、早晩内容が変更されると予想します。

というわけで、客的には超おすすめなのですが、
少し複雑な思いで店をあとにしました。
ランチメニューの破格のサービスが
ディナーでの集客にうまくつながればよいのですが。
このたび、職場が変わり、
流通のお仕事をすることになりました。
というわけで、先週からコンビニの見習い店員をやっています。
流通の仕事は初めてなので、多少の不安もありましたが、
行ってみたら思いのほか楽しそうな職場だったので、
いまのところ、正直ほっとしています。

DSC08603.jpg
さて本題です。
ここのところ、ラーメンは関西では樟葉のべじらーめんゆにわ一択、
首都圏では東京駅のソラノイロ一択だったのですが、
最近、新梅田シティ近くの味噌ラーメンの名店みつか坊主の2号店、
みつか坊主 醸(かもし)でヴィーガンラーメンを提供していることを知り、
ちょっと通ってみました。

普通のラーメンも提供していますが、
ヴィーガンラーメンだけでラーメン5種類、まぜそば3種類の
計8種類もあります。
うちラーメン5種類、まぜそば2種類を試してみました。

まずラーメン。

DSC08176.jpg
赤味噌ベースの、
いかにも味噌ラーメン、という感じのビーガン東海、

DSC08604.jpg
洋風ポタージュ風のビーガン野菜、

DSC08893.jpg
あっさり風味のビーガン大阪、

DSC08931.jpg
白味噌ベースで甘口のビーガン京都、

DSC08747.jpg
ビーガン東海を辛くしたような感じのビーガン鶴橋です。

ラーメンは鶴橋はかなり辛いので辛いのが好きな人向き、
ほかの4種はどれもおいしいのでお好みでどうぞ。

ヴィーガンラーメンで難しいのはどうやって食欲を満たすか、
ということで、ゆにわではチャーシューの代わりに車麩を使っていたのですが、
ここでは和風にがんもどきを使っています。
これがうまくマッチして、おいしいし、
食後に満足感が得られるラーメンになっています。
さすがはみつか坊主の2号店、脱帽です。

つぎはまぜそば。

DSC08748.jpg
白味噌ベースの京都味噌まぜそばと、

DSC08933.jpg
赤味噌ベースの東海味噌まぜそばをいただきました。
ちなみに未食は鶴橋味噌まぜそばです。

個人的には、
まぜそばの京都はとてもおいしく感じました。
東海はおいしいのですが、わりとありきたりに感じたものの、
食べたのが風邪気味のときだったので、
体調が良ければまたちがった印象になるかもしれません。

ラーメン・まぜそば込みでの
お試しの順番のおすすめは、
初回はいかにも味噌、という感じのビーガン東海、
2回目は洋風にうまくまとめたビーガン野菜、
3回目はレベルの高いまぜ麺の京都味噌まぜそば、
4回目以降はお好みでどうぞ、という感じです。

というわけで、おすすめです。
とりわけヴィーガンのかたには、
ヴィーガンでも名店の手にかかれば、
食材制限なしに作ったものと遜色ないレベルの
おいしいラーメンができるんだ、ということで、
ぜひ一度ご試食いただきたいお店です(^^)。
先日、久しぶりにカドヤ食堂に食べに行ったら、
麺がちぢれの極細麺になっていて、コレじゃない感満載だったので、
別の日にメン太ジスタに行き、
「そうそう、この味醂効かせすぎじゃないの?と言いたくなるくらいの
 ちょっと(?)甘みのあるスープ、
 これこそカドヤの味!」
とひとりで盛り上がっていたのですが、
如何せんあの黄色いゴムみたいな麺が個人的にはNG(^^;。
「そう言えば、今福鶴見店には行ったことがないけど、どんなの出してるんだろ?」
というわけで、行ってきました。

DSCF4468.jpg
今福鶴見店は元の店の近くにあります。
と言ってもこちらは大通り沿いです。
電車で行くぶんには駅から近くなって便利になりました。

DSCF4470.jpg
ニボトンらぁめんってどんなのですか?と訊いたら
ベースはほとんど一緒で背脂たっぷりで濃くなってます、ということだったので、
とりあえず基本の中華そばをオーダーしました。

DSCF4471.jpg
スープはちょっと薄めかな?という感じの、
煮干しを感じるあっさりめのしょうゆ味で、
かつてのような甘みを感じさせるものではありませんでした。
でも、味的にはおそらくこれで正解なのでしょう。
麺は平麺。
しなやかで口当たりが柔らかく、それでいて腰がある
素晴らしい麺です(^^)。
たまたま見た店のツイッターによれば
「支那そばや佐野さん特製の平打ち麺で営業してます!」
とのこと。
道理ですばらしいわけですね。

というわけで、今福鶴見店にはまた行くかもしれません。
でも、あのかつてのカドヤ食堂の中華そばを食べて、
「そうそう、ここはちょっと味醂効かせすぎなんだよなぁ(^^;」
とか言いつつも、
あの心持ち甘めのスープとカネジンの麺のマッチングに舌鼓を打つことは
もう出来ないのかと思うと、
時の流れを感じるとともにちょっぴり残念な気分になりました。

カドヤ食堂 今福鶴見店
大阪市鶴見区鶴見4-11-75
11:00-15:00、18:00-24:00 無休
06-6912-4374