fc2ブログ
2024.02.27 あさだ
御谷湯でさっぱりしたあとは、あさだで蕎麦をいただきました。

DSC01493.jpg
あさだは浅草橋の駅からちょっと北に歩いたところにあって、
5年ほど前にいちど取引先の紹介で行ったことがあります。
それまで、「蕎麦屋は蕎麦を食べるところ」と思っていたのですが、
お酒や食事をたしなんだあと、最後に蕎麦で締める、みたいな、
要するに居酒屋的な使い方があることを
そのときはじめて知りました(^^;。

DSC01494.jpg
今回は近くの定宿にクルマを置いてから歩いて行き、
お酒もたしなもうと思っていたのですが、
それではラストオーダーの20時50分に間に合わない!
というわけで、御谷湯からクルマで直接お店に行き、
そのあとホテルにチェックインすることにしました。
結局、居酒屋使いはまたの機会ということに(TT)。

あさだは定宿から歩いて行けるところにありますが、
これまで行きたいと思いながらも、
日祝が休みで結構ハードルが高く、
今回やっと再訪することができました(^^)。

DSC01495.jpg
日本酒や酒の肴も魅力的でしたが、
残念ながら今回はパス(TT)。

DSC01496.jpg
気を取り直して、季節野菜天せいろと穴子天せいろをオーダーしました。

DSC01499.jpg
というわけで、季節野菜天せいろと、

DSC01498.jpg
穴子天せいろです。
そばのおいしさもさることながら、
とりわけ天ぷらがおいしかったです。
というか、口がお酒の口になっていたせいでしょうか(^^;、
お酒がほしくなる天ぷらでした。
これまでいろいろおいしい天ぷらを食べてきましたが、
お酒がほしくなる天ぷらははじめてです(^^)。
心もち強めにからりと揚げているのでしょうか、
衣の塩加減を心もち多めにしているのでしょうか、
とにかく酒の肴にぴったりの天ぷらでした。

というわけで、次回はぜひ、
お酒ともども楽しみたいと思います(^^)。
スポンサーサイト



ペットボトルのおーいお茶は、春は桜、秋は紅葉というように、
その季節に合ったイラスト入りバージョンがときどき出てきます。

DSC01476.jpg
もうすぐ春、ということで、ことしも、
桜のイラスト入りが出ました。
で、きょう飲んでいてふと気づいたのですが、
ことしのには若い男女も描かれていました。

DSC01477.jpg
「このイラスト、どこかで見たような…」
と思って調べてみたら、やっぱりげみさんでした(^^)。

DSC00329.jpg
げみさんは”ならしかトレイン”のイラストも描いています。
さわやかな透明感のある描写は、
いつ見ても好感が持てますね(^^)。
2024.02.11 清月
DSC01241.jpg
おとといの金曜日、名古屋出張の際に立寄ったうなぎ屋さんです。
大曽根駅から南に10分近く歩いたところにあります。

DSC01242.jpg
出張先への道中にある評判のいいお店、ということを確認したくらいで、
ろくにリサーチせずに選んだので、
店に入ってメニューを見て「…」。(^^;

気を取り直して、一応ちがいを聞いてみると、
「清月丼は3切れ、鰻丼は4切れ、上は5切れ(まるまる一尾だったかな?)です。」
とのこと。
さすがにこういう店で”松”をオーダーするのはちょっとカッコ悪いし(^^;、
かといって平日ランチに3000円越えはさすがにちょっと…、
といろいろ思案したあげく、
「えーい、旅の恥はなんとか!」(^^;
と、清月丼2,850円をごはん少なめでオーダーすることにしました。

DSC01244_20240211172132315.jpg
清月丼は、3切れですが、
1切れが結構大きく、焼き加減もパリっと程よい加減で、
鰻自体も結構美味だったし、
ごはん少なめですが量的にもじゅうぶん満たされました(^^)。
おねだん的にも、うなふじと比べたらあれですが(^^;、
郊外とはいえ名古屋市内ならこんなもんなのかもしれませんね。

というわけで、うなぎ目当てでわざわざ出向いていくなら、
ほかにも選択肢はあるような気はしますが(^^;、
名鉄瀬戸線沿線に用があるなどで、
大曾根あたりでランチするのが時間的に都合がよい場合は、
いちど立寄ってみる価値はあると思います(^^)。
2023.08.17 とと桜
最近、どうも、居酒屋に行く目的が、
・おいしい日本酒と出会うこと
・日本酒に合うあて(肴)をさがすこと
と、日本酒中心に偏りつつあるような気がしてならないのですが…(^^;、

00004214.jpg
というわけで、片町にある居酒屋さんです。
金沢は予約文化、ということを行く直前に聞き、
あわてて予約に走って1日目はなんとか取れたのですが、
2日目は結局予約が取れず、
前日ぶらついてたときに見かけて雰囲気がよさげだったので、
ダメもとで訊いてみたら運よく入ることができたのがこのお店です。

まずは生で軽く(?(^^;)腹ごしらえ。
珍しいな、おもしろそう、と思って頼んだ
いぶりがっこのポテトサラダが、
ビールと合わせると意外とびみょーな味わいでした(^^;。

困ったのが日本酒に合う肴。
定番のお刺身盛合せは2人前2980円(くらい?)から。
というわけで、岩だこ燻製やらイワシ山芋梅たたきやら、
とりあえずいろいろ試してみることにして、
日本酒をオーダーすることにしました。

00004212.jpg
で、オーダーしたのがこの”獅子の里”。
石川のお酒はまったくわからないので、
超辛口の純米酒、ということだけで頼んだのですが、
飲んでみると大当たりでした(^^)。
これまでにおいしいと思ったお酒は、正直、大信州くらいでしたが、
これは文句なしに第2号に認定です(^^)。
どれくらいかっていうと、いつもは2人で1合くらいしか飲まないのに
ついつい3合空けちゃったくらい(^^;。

で、不思議なことに、ビールとは合わなかった
いぶりがっこのポテサラが、なぜか獅子の里とはドンピシャ。
料理の相性って、ほんと、わからんものです(^^;。

あと、つれあいが「これならまちがいなし!」と太鼓判を押した、
かにみそ松前焼も確かに獅子の里とよく合ってました(^^)。

というわけで、
飛び込みで入ったわりには、
いいお酒には出会えるわ、おもしろいあては見つかるわ、で
結構楽しいひとときを過ごしたのでした(^^)。
00004200.jpg
温泉のあとは片町で回転寿司でも…と思っていたのですが、
前を通ると結構並んでるみたいだったので、
前日に街道沿いに見かけた同じチェーンのお店に行ってみました。

おいしい回転寿司のお店に共通して言えることですが、
あら汁はあらに身が結構ついていておなかがふくれるし、
出汁もしっかり出ていておいしいし、とコスパの高さに感心することが多いです。
この日も白身のあら汁とぶりのあら汁を頼んでシェアしましたが
期待にたがわぬおいしさでした(^^)。

お寿司のほうも、おくら納豆軍艦から中とろまで、
10皿近く頼んでシェアしましたが、
ネタも新鮮でおいしかったです(^^)。

最近、近場の回転寿司にはがっかりさせられることが多いので(^^;。
出先でこういうお店に出会えると、正直ほっとします(^^)。
金沢に行った際には、また訪れたいと思います。
(こんどは片町店?(^^;)