富山と言えば「富山ブラック」!
と言うわけで、長年の課題だった富山ブラックの元祖、大喜の本店に行ってきました。
市内電車だと西町、セントラムならグランドプラザ前からすぐのところにあります。
(余談ですが、セントラムの大手モールのすぐ目の前にも、
末弘軒という美味しいラーメン屋があります。
機会があれば、こちらもぜひお試しあれ。)
DVC00955.jpg

店に入ると、鰻の寝床的に奥に長い店内に、画や色紙がところ狭しと飾ってあります。
DVC00959.jpg

手前の壁には、大喜の由来と食べ方指南が貼ってありました。
DVC00956.jpg

中華そばの大と並を、並はスープ薄めでオーダー。
こんな感じで出てきました。違いがわかるでしょうか。
DVC00957.jpg
DVC00958.jpg
さっそく指南書どおりに、よくかきまぜていただくと、
とにかくからい!
もちろん唐辛子の辛さではなく、塩からさ、醤油がらさです。
この醤油がらさをウワサで聞いていたので、これまで来訪が延びていたのですが、
やっぱりウワサどおりでした(^^;。
というわけで、スープごと完食主義の私もひと口めにしてスープはあきらめ、
しっかりした太麺とボリュームたっぷりのチャーシュー、メンマをワシワシといただくと、
このメンマがまた塩辛いのなんのって。
さすがは解説にあったとおり、ドカベンのおかずだけのことはある。

とはいうものの。
麺はなかなか食べ応えがあっておいしいし、
チャーシューもモモとバラ?の違う部位を使ってきちんと作ってるし、
スープも醤油ダレの濃さだけじゃなくて、ちゃんとコクやうまみも出てる。
黒コショウや荒切りネギもアクセントとなっていい仕事してます。
さすがは名門!

でも、やっぱりスープは「うすめ」のほうでも醤油がらかったので、
こっちに玉子を追加で投入することに。
これでなんとか「うすめ」の並はスープごと完食(^^)。

というわけで。
ぜひ一度チャレンジしてみてください。
ただし、高血圧の方は、スープとメンマはパスしたほうが無難でしょう。
麺とチャーシューをつけ麺感覚でいただくのが吉かと。

個人的には、スープも醤油ダレが濃すぎるだけで、スープ自体はよくできていたので、
再訪する機会があれば、「スープ超うすめ・メンマ抜き」のスペシャルオーダーで
お願いしたいなぁ。

そうそう。
店主も奥さん?も人が良さそうだったので、
どうせなら「スープ割り」でもたのめばよかった(^^;。

西町大喜 本店
富山市太田口通り1-1-7
11:00~19:50(土:~20:50) 水休
076-423-3001
スポンサーサイト