2017.07.16 東和楼
IMG_5131.jpg
奥津温泉の東和楼に15年振りに再訪しました。
前回は泊りでしたが今回は日帰り入浴です。

IMG_5110.jpg
小ぶりの浴槽から足元湧出の温泉がなみなみと溢れています。
ちょっとぬるすべ加減のさっぱりとした気持ちのいい温泉です。
湯加減は、前回は9月半ばの訪問で少しぬるめで個人的にちょうどよかったのですが、
今回は気温も高かったためか、心持ち熱めに感じました。

IMG_5125.jpg
温泉診断書を見ると41.7℃、PH9.1(!)のアルカリ性単純泉。
澄みきった泉質の、気持ちのいい温泉でした。

東和楼
岡山県苫田郡鏡野町奥津53
0868-52-0031
スポンサーサイト
2014.10.15 道後温泉本館
P1030270 - コピー
久しぶりに道後温泉本館に行く機会に恵まれました(^^)。

P1030274 - コピー
左手の2階が広間になっていて、オプション料金を払うとゆっくりくつろげます。
前に利用したことがありますが、なかなか風情があってよいものです。

P1030283 - コピー
それにしても、どこから見ても見栄えのする建物ですね(^^)。

P1030284 - コピー
泉質的には単純泉です。
殺菌のための塩素のにおいや刺激を多少感じますが、
基本的にやわらかなよいお湯でした(^^)。
久しぶりにラジウム泉で有名な三朝温泉の株湯に行ってきました。

DSC03720.jpg
前に来たのは10年以上前で、今回が2回目です。
株湯は由緒ある共同湯ですが、
温泉街からはちょっと離れたところ(と言っても歩いて5,6分)にあります。

DSC03705.jpg
前に来た時はもっと小さな湯屋で、浴槽ももっと狭い木の浴槽だったように記憶しています。
風情は多少薄まりましたが、湯船が広くなったのでくつろげるようになりました。
温度は多少熱め。
この日は時折り涼しげな風が吹いていて、心地よい湯あがりでした(^^)。

余談ですが。
初めて三朝温泉に入ったつぎの日の朝のこと。
やたらとへそのゴマが取れてきれいになったのでびっくりしました。
ラジウム泉の細胞の活性化効果かしらん?と思ったりして。
で、今回、そのことを入浴中にふと思い出し、へそのあたりをいじってみると、
これまた見事にへそのゴマが取れたのでした(^^)。
でも、日頃、へそのゴマのことを思い起こすことなんてまったくないので、
たまたまそういうタイミングだっただけなのかもしれませんね(^^;。

DSC03722.jpg
DSC03724.jpg
湯屋の手前には足湯と飲泉場があります。
成分表はなぜか湯屋には見当たりませんでしたが、ここにはありました。

DSC03801_20140913105836801.jpg
温泉街の中心部、三朝橋のたもとに河原風呂があります。
前回はチャレンジしましたが、今回はパス。
時の流れを感じました。
あの頃は若かった…(^^;。
2014.08.12 梅園温泉
ちょっと前の出張の際に立ち寄った路地泉です。
今回もいつものように初日は竹瓦温泉へ(^^)。
で、幸いなことに2日目、3日目も温泉に入る機会に恵まれまして、
2日目はこちらの方のご推薦で駅前温泉に。
3日目はさすがにネタ切れで
(というか、3回も入れると思ってなかったのでネタを仕入れてなかった(^^;。)
ネットで見て、郡司勇氏の温泉本でも紹介されていて名前を憶えていたこともあり、
駅から近い梅園温泉にしました。

P1010121.jpg
駅から歩いて迷わなければ5,6分というところでしょうか。
私は迷ったあげく、客引きのお兄さんに道を教えてもらいました(^^;。

P1010130.jpg
路地の入口はこれ。
どうりで見つけられずに通り過ぎてしまったはずです。

P1010132.jpg
ちょっと入るのに勇気がいりますが、
せっかくなので思い切って入ることにします。

P1010136.jpg
手前に簡単な解説が。
新竹瓦と言うだけあって、たしかに竹瓦からは近いです。
しかしわかりにくい(^^;。

P1010145.jpg
お湯は熱めのさっぱりしたいいお湯でした(^^)。
でも、初日の竹瓦も熱かったし、二日目の駅前温泉もあつ湯のほうに入ったので、
一日ぐらいはぬる湯でもよかったかな(^^;。
ちなみに駅前温泉にもぬる湯はあったのですが(入口がちがうので一度に両方は入れません)、
二日続けて駅前温泉に行くのもおもしろくないな、とちがうところにしてみたら、
結局三日続けてあつ湯ざんまいとなりました。
あつ湯もいいけど、つぎはぬる湯にも入りたいなぁ…(^^;。
00010973.jpg
久しぶりに六甲道灘温泉に行ってきました。
阪神間の温泉銭湯では、
水道筋灘温泉、六甲おとめ塚温泉、浜田温泉、六甲道灘温泉にこの順でよく行きます。
この中では両灘温泉がぬるめ、六甲おとめ塚が適温、浜田温泉がやや熱めで、
浜田温泉以外の3つは顕著な泡つき温泉です。

00010974.jpg
水道筋にはよく行くし、おとめ塚と浜田温泉はときどきという感じですが、
六甲道にはめったに行きません。
それは…

00010977.jpg
向かって左がかけ湯用、右が源泉かけ流し浴槽です。
見てのとおり六甲道のかけ流し浴槽は、定員2人、詰めて3人。
ま、それでも私は毎回ちゃんと入ってますが、
女湯のほうは1回も入れないことがときどきあるそうで、
それで足が遠のいている、というわけです。

00010978.jpg
泉質は32.0℃のナトリウム-塩化物・炭酸水素塩低温泉。
金気臭と冷涼感のある個性的な泉質で、個人的には水道筋よりこっちのほうが好みなくらいです。
特に夏場にはもってこい(^^)。

もっとも、水道筋は泡の付きぐあいが七里田に次ぐくらいのすごさだし、
かけ流し浴槽には無理せず8人入れるので、
こっちはこっちでお気に入りです(^^)。

というわけで、久しぶりに水道筋の個性的な泉質をたんのうしたのでした(^^)。

灘温泉 六甲道店
神戸市灘区備後町3丁目4番地
078-854-6545