石川県は白山市にあるラーメン屋さんです。
7年前に行ってとても気に入り、
ずっと行きたいと思っていたのですがなかなか機会がなくて、
今回が2回目の来訪です。

個人的に東北のラーメン、
とりわけ清湯淡口しょうゆスープに手打ち手揉み麺のタイプが大好きなのですが、
もきちはそのタイプの最西端、というか自宅から一番近い店、という感じです。
最近では新大阪に手打ち麺やす田ができ、結構お気に入りなのですが(2回しか行ってないけど(^^;)、
ちょっと洗練されすぎているかな、という感じもあって(ぜいたく?(^^;)、
もきちは変わらずに私の中で輝きを放ちつづけています。

00005727.jpg
アクセスは、食べログによると北陸鉄道石川線曽谷駅から2592mとのこと(^^;。
地図で見ると北陸線の松任駅からは4kmくらいでしょうか。
いずれにしろ、一般的にはアクセスはクルマonly、ということでしょう。

00005728.jpg
メニューを見て、中華そばのしょうゆとしおをオーダーしてシェアすることに。
どっちかを極細にしようかとも思ったのですが、
「そうめんのように細い」とあまりおすすめでないような感じでおっしゃるのでパス。
確かに、この手の”極細”は、10年近く前に青森の八森ラーメンで食べ、
もきちでも前回は両方頼んだ記憶があるのですが、
関西人的にはふつうの麺のほうがしっくりきます。
ただ、青森あたりでは両方ある店も結構多いようなので、
あちらでは極細が好みの方も結構多いのかもしれませんね。

00005730.jpg
しょうゆです。
食べはじめはやや麺がかために感じ、「こんな感じだったっけ?」と思いましたが、
食べ進んでいくうちに水分を吸っていい感じになりました(^^)。
スープも最初はラードをやや感じたのですが、
だんだん馴染んできて「そうそう、この味」と舌鼓を打ちました。

00005731.jpg
しおです。
しょうゆとは逆に、食べはじめはスープのバランスがよく、
硬質な麺との相性もこちらのほうがいいように感じましたが、
最後のほうではちょっと塩分が濃く感じました。
もっともこれは、他の店でも同じように感じるので、
一般的にスープの温度が下がるにつれ塩分をより濃く感じる、
ということなのでしょう。

基本的な組み立てがシンプルなので、
スープや麺の味や食感の繊細なうつろいまで楽しむことができました。
また来たいと思います(^^)。

中華そば もきち
白山市中ノ郷町ヘ67-1
11:00-19:00 月・第1火休
076-274-5221
スポンサーサイト
2010.08.17 神楽
今回の休みは、自由になる日が3日間ありました。
で、ふと”思い立ったが吉日生活”で、”3泊3日”の強行軍で
山形県は遊佐町の”ラーメン工房 麺家”にトライしようかとも思ったのですが、
結局、前日の夜に出発できなくなってしまい、
さすがにほとんど秋田との県境まで
往復3日ではあまりにきつすぎるので泣く泣く断念しました(TT)。

で、とりあえずは以前からなかなかタイミングが合わず、
未訪問だった神楽に行ってみることにしました。

DVC00249.jpg
北陸鉄道石川線の野町駅から1.5kmとのことですが、野町自体が街はずれのターミナルなので、
アクセスは一般的にはバスかクルマ利用でしょう。
個人的にはクルマで行きました。駐車場があるので助かります。

DVC00250.jpg
自家製の手打ち手揉み麺。個人的にはここに惹かれました。

DVC00251.jpg
チャーシュー増量・煮玉子・ワンタン入りの神楽そばの醤油と、基本の坦々麺をオーダー。

DVC00252.jpg
スープは、土地柄冬は寒くなるためかラードが加えられているようで、
個人的にはちょっと残念ですが致し方ないところです。
欲を言えば夏場だけ抜いてもらうとか?(^^;。

麺は比較的かためでした。個人的にはもう少し柔らかくてもいいかな?

特筆すべきはチャーシュー。
結構いい素材を使ってレア風に仕上げてあり、実際おいしいです(^^)。

DVC00253.jpg
坦々麺もベースは同じようです。
個人的にはもう少し甘みがあってもいいかな?
味的には東京は銀座の”はしご”のダンダン麺を思い出しました。

このあたりには、白山市にも”もきち”という、
自家製手打ち手揉み麺のおいしいラーメンを出してくれるお店があり
東北から日本海側を中心に北陸あたりまで広く分布する、
自家製手打ち手揉み麺の(淡口)しょうゆ清湯ラーメンの南限・西限はこのあたりかな、と。
そういう伝統的なラーメンを、素材を吟味して洗練・ブラッシュアップしたのが神楽で、
その結果、全国区レベルにまで評判が高まったのだろう、と思いました。

”エリア外”の奈良在住の身としては、
自家製手打ち手揉み麺の淡口しょうゆ清湯ラーメンの勢力拡大、
さらなる南下を望みたいところです。

神楽
金沢市寺町1-20-10
11:30~14:30、18:00~20:30 月休
076-280-5010