2010.08.17 大石家
今回のラーメン行脚のとりは岐阜県は多治見市の大石家です。
数年前に同じく岐阜県は瑞浪市の”あきん亭”に行き、結構印象がよかったのですが、
その系統の大元が大石家とのこと。
そういうわけで、以前から行きたいなぁと思っていました。

また、昨年の夏に、スープはチャーシューの煮汁をお湯で割っただけ、麺は乾麺なのに大繁盛で、
あの支那そばやの佐野センセイが頭を抱えたという
竹岡式ラーメンの梅乃家(千葉県富津市)に行きましたが、
スープの作り方は基本的に同じなので、梅乃家との比較という意味でも興味を持ちました。

DVC00399_20100817191624.jpg
というわけで大石家です。
JR太多線の小泉駅から1km、中央線の多治見駅からは2km弱でしょうか。
クルマなら中央道の多治見ICからすぐです。

DVC00400.jpg
比較的シンプルなメニューですね。
並でも厚めのチャーシューがたっぷり4枚、とのことだったので
迷わず並をオーダーしました。

DVC00401.jpg
ひとことで言えば、チャーシューが主役のラーメンです。
スープはシンプルだけどそれなりにおいしくいただけます。
チャーシューは厚めだけど脂身が少なめなので、量の割に食べやすいです。
麺は正直言っていまイチ。
あくまでもチャーシューが主役です。

梅乃家との比較で言えば、麺は似たりよったり、
スープは大石家のほうが飲みやすくておいしいかな?

あきん亭とでは。(ちょっと前なので多少記憶が不正確かも…(^^;。)
麺は文句なしにあきん亭。
チャーシューは食べやすさで大石家。
スープは単純に味的にはあきん亭ですが、
化調使用のためかあと味がいまひとつだったような記憶があり、
その記憶が正しければ、無化調ないしは化調使用量が比較的少なめなのか、
あと味がすっきりしていて、味もそれなりによくまとまっている大石家かな、という感じです。

というわけで。
個人的には、基本は大石家で、麺をあきん亭のに置き換えたヴァージョンを希望。

でも、あきん亭は正直おいしかった記憶があるので、
もう一度行って味を確認してみたいような気もするなぁ…(^^;。

大石家
岐阜県多治見市光ケ丘1-139
11:00~15:00 火・第3月休
0572-22-5811
スポンサーサイト