2010.05.30 磐石の構え
きのうは麺座ぎんで油そば(まぜ麺)を食べてきました。
DVC00265.jpg

DVC00267.jpg
まぁ、ふつうにおいしかったです。

個人的には、味の幅の振幅がラーメン>つけ麺>まぜ麺という感じがあって、
ラーメンは店によってそれこそ味は千差万別、天と地くらいのちがいがあるけど、
つけ麺は店によってそれなりにちがいはあるもののラーメンほどその差は大きくなく、
まぜ麺に至ってはそれこそどこで食べてもあんまり変わらない、という印象があります。

まぁ、個人的好みとしては、今のところつけ麺>ラーメン>まぜ麺って感じだし、
まぜ麺はせいぜい10杯やそこらしか食べてないので、
これから経験値が高くなればまた見方が変わってくるのかもしれません。

ちなみに、今現在のまぜ麺(油そば)の好みとしては、
具や調味料がいろいろ入っている、いわゆる”まぜ麺”よりも、
そのあたりがシンプルで、麺自体ががよりストレートに味わえる、いわゆる”油そば”のほうが、
個人的には好みだったりします。

具体的には、
道頓堀は通称”ひっかけ橋”(^^;のたもとにある麺爺あぶらや、
DVC00591.jpg

DVC00592.jpg

寺田町の麺屋わっしょいのまぜ麺あたりが好みです。
DVC00469.jpg

DVC00472.jpg

…と言うわけで、余談が長くなりましたが本題へ(^^;。
きのう麺座ぎんでまぜ麺を食べてたときのこと。
つけ麺を食べてたとなりのお客さんが麺を食べ終えて「スープ割!」と店員さんに声をかけると、
すかさず店員さん「豚骨ですか、魚介ですか?」

!!!

麺座ぎんのスープ割はこれまで豚骨のみで、それが濃厚なので、
「スープ割」をオーダーすると逆につけ汁の濃度が濃くなって
(ま、確かに元ダレは薄くなってるんでしょうが(^^;)、
それこそ割ってるんだか濃くしてんだかわかんない状態になってしまい、
濃厚スープがお好みの方以外にとっては、
「スープ割を頼むべきか、頼まざるべきか、それが問題だ。」(^^;
的な葛藤におちいることも多々あったと思います。
個人的には、麺座ぎんのつけ麺は、関西屈指のものですが、
ただこの「つけ汁をより濃厚にするスープ割」だけがネックだなぁ、と感じていました。

それがですよ。
つい3、4ヶ月前に行った時に感じた不満点(このブログでもふれましたが)が、
もう改善されてる。
おそらく無心の「豚骨・鶏・魚介」の「えらべるスープ割」あたりも意識してるんでしょうが、
それにしてもたいしたもんです。
このことでよりいっそう客層も広がることでしょう。

麺座ぎんに行ったのは、3年前に1回、3,4ヶ月前に1回で、今回が3度目です。
前回感じたのが、味の成長もさることながら、初めて行ったときには置いてなくて、
「あればいいのに…」と思った一味がちゃんと卓上に備え付けてあったことです。
お客さんの意見や要望というか、ニーズにその都度きちんと対応していく。
基本的なことではありますが、いざ実践していくとなるとなかなか簡単にはいかないことも、
みなさんご承知の通りだと思います。

というわけで。
また今度行って、ぜひつけ麺食べなきゃ、と思ったわけです(^^;。
麺座ぎんのすごさは、味のセンスや向上への努力もさることながら、
実はこの「お客さんにきちんと向き合う姿勢」にあるのかもしれません。
スポンサーサイト