2013.10.20 一仁
この間買ったぴあのラーメン本を眺めてたら、
栃木県の製麺所の麺を使っているお店を見つけたので、
さっそく行ってきました。

DSCF2653.jpg
近鉄大阪線の河内国分駅から、
大和川にほぼ平行に走る幹線道路を西に7,8分くらい歩いたところにあります。

DSCF2655.jpg
基本のラーメン(しょうゆ)をオーダーしました。
スープはあっさり清湯スープ。
麺は平打ちの手もみ風ちぢれ麺で、小麦の味がしっかりします。
こういう感じの麺は関西では京都の伊佐夫くらいでしか食べられないので貴重です。
個人的にはもっと増えてほしいです。
新大阪の手打麺やす田は手もみをやめて、麺のタイプを変えちゃったし(TT)。
というわけで、するするとおいしくいただきました(^^)。

今のところラーメンの種類はラーメン、かき玉ラーメン、チャーシューメンの3種類で、
いずれもしょうゆベースですが、
訪問時に味噌ラーメンの試作をされていたので、
寒くなる頃にはお目にかかれるかもしれませんね。

一仁
柏原市片山町12-9
11:30-14:00、17:30-23:00 月休
090-5121-0030
スポンサーサイト
2013.07.08 坊也哲
00010455.jpg
東大阪市の中央環状沿いにある、庄司忠臣氏のお店です。
若江岩田の駅から街並みを撮りつつゆっくり歩いて20分近くかかりました。
庄司氏のお店には、これまでに秀次郎と麺哲に1回ずつ行ったことがあって、
秀次郎ではご本人が作ってたいへんおいしかったのですが、
麺哲ではほかの人が作っていて味はいまひとつでした。
で、今回です。

00010456.jpg
店に入ると店員さんがオーダーを取りに来たのでおすすめを訊くと、
醤油とのことだったのでそれにしました。

厨房の中には、店主とアシスタント。
ひげを生やしていたのでちょっとわかりにくかったのですが、
あの平ザルさばきの手際よさからすると、おそらく庄司氏なのでしょう。
それにしても、思ったより声が高かったのでちょっと意外でした。
ひょっとしたら秀次郎で声を聞いたことがあるかもしれませんが、
あんまり前のことなので忘れてました(^^;。
(ちなみに麺哲のときはひたすら無言で麺を打ってらっしゃいました。)

00010457.jpg
出てきたラーメンをひとことで言えば、”チキンラーメン”。
とにかく鶏、とり、トリです(^^;。
ここまで鶏を前面に出した清湯スープのラーメンは、
小野のらんめんか彦根のにっこうact.2か、それともラーメン坊也哲か、
というくらい。(濃口しょうゆだからどっちかと言えばにっこうに近いかな?)
個人的にはno problemどころかwelcomeです(^^)。
平麺はしなやかにスープを泳いでくれるし、
ちょっぴりピリ辛のメンマやそれなりに食べ応えのあるチャーシューなど、
全体のまとまりもよく、おいしくいただきました。

というわけで、おすすめです(^^)。
しいて言えば、ほんの少しだけチャーシューにくさみが残っていましたが、
おそらくこれは人によって感じるか感じないかの微妙なところでしょう。
個人的には、秀次郎で食べたときのあの感動を再び味わうことができて、
正直うれしかったです。
やっぱりご本人が作ると全然味がちがいますね(^^)。

※追記
…と思ったのですが、実は別の方だそうですm(_ _)m。
雰囲気がよく似ていたし、みごとな平ザルさばきでてっきりご本人だと思ったのですが、
言われてみれば、
たしかに以前より体型もかなりすっきりされてたし、
スープの味の組立てもかなりちがう感じでした(^^;。
でも、作っているのは別の方ですが、味のほうはまちがいなくおすすめです(^^)。

坊也哲
東大阪市西岩田4-4-46
11:30-14:30、17:30-21:30 月休(月曜が祭日の場合火曜も休み)
06-4307-5659
ひさびさのラーメンです。

ここのところラーメンから遠ざかっていて、
ここ数ヶ月でラーメンを食べたのは、
無性に食べたくなってつい先週再訪した高槻の麺屋八海山くらい。
ま、理由としてはランチとしてのCPや食事としてのバランス面から
ラーメンという食べ物に対して懐疑的になっていた、ということなのですが。
そんな矢先、久しぶりに行きたくなるようなラーメン屋さんを
他の方のブログで見かけたので行ってきました。

最寄り駅は近鉄奈良線の額田かけいはんな線の新石切くらいでしょうか。
(石切からも歩けなくはありませんが、少し距離があります。)
私は額田から行きました。線路の平野側(海側)の平行に走る道路を石切のほうに歩き、
信号のある交差点を左に曲がって坂を下ります。
駅から歩いて4,5分くらいです。

IMG_4115.jpg
お店の外観です。
坂道に面していることがよくわかりますね。

IMG_4117.jpg
メニューを見て店員の方におすすめを訊くと、
しょうゆがおすすめのようなのでしょうゆをオーダーしました。

IMG_4118.jpg
というわけで醤油らーめんです。
濃口しょうゆのスープに細めのストレート麺と、
淡口しょうゆの清湯スープに手打ち手揉み麺という
個人的な好みの路線とはちょっとちがいますが、
全体的にバランスがよく、関西屈指のレベルの高さです(^^)。
このオペレーションをコンスタントに続けていければ、
すぐ行列店になることでしょう。
印象としてはやはり緻密、というか、すきのない、というか
東京風の洗練されたラーメンです。
食べていて69’N’ ROLL ONEを思い出しましたが、
ひょっとしたらこちらのほうが完成度が高いのでは?と思うくらい。
しいて言えば、具のチャーシューが薄かったり、メンマが細かったりするのですが(^^;、
量の問題で質的にはまったく問題ありません。
ラーメン以外の食事と比べても、CPが高いとは言えないものの、
十分リーズナブルだし、満足度も高いです。
もっとも、食事としてのバランスは
ラーメンなので如何ともしがたい面があるのも事実ですが。

というわけで、おすすめです。
とりわけ東京風の洗練されたレベルの高いラーメンを
試してみたい方におすすめします(^^)。

石切 麺屋 一
東大阪市東山町11-20
11:30-14:30(土日祝11:15-15:00) 月休(祝翌休)
072-943-1150
2012.02.20 麺屋 八海山
この間、「手打ち麺 やす田」で関西には手打麺が少ない、と書いたばかりですが、
また手打麺のお店が出来てたみたいなので行ってきました。

IMG_6777.jpg
JRで高槻へ。珍しく221でした。

IMG_6792.jpg
高槻駅の北口(?阪急と反対側)から歩いて2,3分でお店に着きます。

IMG_1764.jpg
燕三条系リスペクトの手打式自家製麺だそうです。
期待が高まりますね(^^)。

IMG_1767.jpg
基本の煮干しそばです。
燕三条系は背脂が多くてこってりというイメージがあったので未食なのですが、
こちらはリスペクトのせいか、思いのほかあっさりで食べやすいです。
自家製手打の太平麺は、手揉みもしてあるのか、不規則にちぢれていていい食感でした(^^)。
ブラックペッパーを利かせているのもちょっぴり洋風?で好印象でした。

で、食べていて二郎系を思い出しました。
二郎系からあの山ほどの野菜とチャーシューをのけたらこんな感じかなぁ、とか、
案外二郎も燕三条系からの発想だったりして、とか、
そう言えば、にぼ次朗ってのもあったなぁ、とか。

というわけで、気に入りました(^^)。
煮干しスープがあっさりしていたのか、食後に妙に胃がもたれることもなく、
スッキリした食後感だったのもポイント高し。
「手打ち麺 やす田」ともども、また再訪したいと思います。

麺屋 八海山
高槻市芥川町1-14-9
11:30-15:00、18:00-21:00(ただし夜は土日祝のみ) 火休
072-684-1778
阪急千里線の関大前にあるラーメン屋さんです。

IMG_1459.jpg
淡路で乗り換えて千里線へ。
きょうは大市交の電車でした。

IMG_1475.jpg
関大前に到着です。
ここから線路沿いに北にちょっと歩き、踏切のところで右手(東)に折れて、

IMG_1466.jpg
大学へと続くなだらかな坂道を上ります。
ちなみにこの坂、誰が名づけたか”留年坂”と呼ぶそうです(^^;。

IMG_1468.jpg
坂道の途中の、大学の入口のちょっと手前にお店はあります。
ちなみに駅から歩いて4、5分くらいです。

IMG_1469.jpg
メニューを見て目移りしてしまったので(^^;、
お店の人におすすめを訊くと、
「そうですねぇ、こってりとあっさりは全然違うので…。
 強いて言えばこってりでしょうか」。
というわけで、こってりをオーダーしました。

IMG_1471.jpg
魚介風味しょうゆらーめん(こってり)です。
確かにおすすめだけのことはあり、濃厚ですが、くどい感じはありません。
無化調ながら1本芯の通った感じもあり、なかなかのものです(^^)。
(ただし塩分は多めかも(^^;。)

麺は心もち太めかな、という感じで角断面。
このスープにはもう少し太めのほうが合うような気もしますが、
あっさりと共用ならこのあたりが手の打ちどころかも。
麺それ自体は、時間がたつとスープを吸う感じはありますが、
しなやかでコシのある好感の持てるものでした(^^)。

チャーシューはバラとモモ(ウデ?)でしょうか。
部位のちがいが楽しめるのがいいですね(^^)。

とは言え、やっぱりこってりはこってり。
基本的にあっさり派の私としては、
さすがに最後のほうはちょっとキツくなってきたので、
卓上の辛味噌の助けを借りて完食しました(^^)。

IMG_1472.jpg
というわけで、おすすめです。
あっさりやつけ麺に加えて夜メニューもあるので、
いろいろ楽しめそうですね(^^)。

拉麺ノスヽメ 諭吉
吹田市千里山東1-14-4
11:30-14:00(LO)、18:00-21:30(LO) 日休
06-6368-8727