先日、久しぶりにカドヤ食堂に食べに行ったら、
麺がちぢれの極細麺になっていて、コレじゃない感満載だったので、
別の日にメン太ジスタに行き、
「そうそう、この味醂効かせすぎじゃないの?と言いたくなるくらいの
 ちょっと(?)甘みのあるスープ、
 これこそカドヤの味!」
とひとりで盛り上がっていたのですが、
如何せんあの黄色いゴムみたいな麺が個人的にはNG(^^;。
「そう言えば、今福鶴見店には行ったことがないけど、どんなの出してるんだろ?」
というわけで、行ってきました。

DSCF4468.jpg
今福鶴見店は元の店の近くにあります。
と言ってもこちらは大通り沿いです。
電車で行くぶんには駅から近くなって便利になりました。

DSCF4470.jpg
ニボトンらぁめんってどんなのですか?と訊いたら
ベースはほとんど一緒で背脂たっぷりで濃くなってます、ということだったので、
とりあえず基本の中華そばをオーダーしました。

DSCF4471.jpg
スープはちょっと薄めかな?という感じの、
煮干しを感じるあっさりめのしょうゆ味で、
かつてのような甘みを感じさせるものではありませんでした。
でも、味的にはおそらくこれで正解なのでしょう。
麺は平麺。
しなやかで口当たりが柔らかく、それでいて腰がある
素晴らしい麺です(^^)。
たまたま見た店のツイッターによれば
「支那そばや佐野さん特製の平打ち麺で営業してます!」
とのこと。
道理ですばらしいわけですね。

というわけで、今福鶴見店にはまた行くかもしれません。
でも、あのかつてのカドヤ食堂の中華そばを食べて、
「そうそう、ここはちょっと味醂効かせすぎなんだよなぁ(^^;」
とか言いつつも、
あの心持ち甘めのスープとカネジンの麺のマッチングに舌鼓を打つことは
もう出来ないのかと思うと、
時の流れを感じるとともにちょっぴり残念な気分になりました。

カドヤ食堂 今福鶴見店
大阪市鶴見区鶴見4-11-75
11:00-15:00、18:00-24:00 無休
06-6912-4374
スポンサーサイト
2013.11.09 ジャクソンズ
行ったラーメン屋さんがおいしかったときは、
基本的にはこのブログで紹介するようにしているのですが、
気に入って何回か足を運んでいるにもかかわらず、
何かの都合で紹介しそびれているラーメン屋さんが何軒かあって、
ここもそんなお店の1軒です。

DSCF3478.jpg
環状線の福島駅から歩いて2,3分のところにあります。
ガード沿いに西にちょっと歩いてから南に折れるとすぐです。

ここは2年ほど前に何回か行きましたが、
その頃は結構新店ラッシュで、みつ星製麺所やつけ麺井手なんかも同じ時期でした。
で、どの店も何回か行っているのですが、
印象がごっちゃになってしまい、ここと井手は紹介しそびれたまま、
そのうち福島にもあまり行かなくなり現在に至っておる次第です(^^;。

DSCF3477.jpg
というわけで、オーダーも決まっています。
濃厚本節つけ麺の並盛り。
麺の量は確か300gだったと思います。

DSCF3481.jpg
つけダレはポピュラーな豚骨魚介(少し甘め)、麺は手もみ風太平麺です。
で、個人的には食べ方も決まっていて…

DSCF3482.jpg
名付けて”4色つけ麺”(^^;。
トッピング用にいろいろ置いてくれているので、
粗挽きブラックペッパー、カレーパウダー、一味唐辛子、トッピングなしと、
いろんな味のバリエーションが楽しめます(^^)。
個人的には辛いのも結構好きなのですが、
旨辛つけ麺ではこの味のバリエーションが楽しめないので、
いつもふつーのつけ麺をオーダーしています。

最近、つけ麺を食べることがめっきり少なくなりましたが、
久しぶりのジャクソンズは相変わらずのおいしさでした(^^)。
また機会を見つけて再訪したいと思います。

ジャクソンズ
大阪市福島区福島5-6-20
11:30-15:00、18:00-23:00 日休
06-6345-3545
00006654.jpg
というわけで(^^;、先週の日曜、中華そばうえまちに行ってきました、
最寄り駅は谷町六丁目ですが、私は大阪上本町から歩きました。
上六から上町筋を上がって行くと、途中に空堀商店街があって、
「前はよくこんなとこまでお昼食べに来てたなぁ」としみじみ。
そして長堀通りを越えるとすぐありました。ちなみに東側です。

00006657.jpg
メニューはいろいろあって、ちょっと目移りしたのですが(^^;、
まずは基本でしょ、ということでしょうゆをオーダー。

00006659.jpg
ということでしょうゆです。
スープはカドヤ食堂ほど甘くはなく、万人受けする味です。
もっとも個人的にはカドヤのスープも結構好みだったりするのですが(^^;。
もっとも、食べ終わる頃にはスープも冷めて、ちょっとべたっとした甘みを感じたので、
どのあたりにチューニングするかは悩ましいところではありますね。

チャーシューは上質のものを使っているようで、
しっかりとした味で、食べ応えもあります(^^)。

麺は平麺。
しなやかなのですが、ちょっと重さを感じました。
スープを少なめにしているせいか、麺の量をちょっと多めにしてくれているせいかはわかりませんが、
相対的にスープが少ないので、麺がうまくスープを泳いでくれない印象です。
そのため、箸で麺をすくうと必要以上に麺がまとわりつく感じがありました。
麺自体も多少柔らかい気もしたのですが、まぁこれは好みの範疇でしょう。
かなり食べ進んで麺の量が残り少なくなると、
麺がうまくスープに泳いでおいしくいただけました(^^)。

というわけで、麺とスープの量のバランスは再考の余地があるものの、
その点を除けばおいしくいただきました。
メニューの種類もいろいろあるので、また行きたいと思います。

それにしても、スープは多く入れても残す人が多いので悩ましいところですね。
実際、今の量で麺を食べ終える頃にはスープもほとんどなくなっていたので、
そういう意味では今の量がちょうどいいと言えなくもないのですが…。

中華そば うえまち
大阪市中央区上町A番22号
11:00-14:30、18:00-21:00 月休
06-6762-5311
00005874.jpg
今日はあべのを通って行くところがあったので、
久しぶりに一風堂ででも食べようか、
そういえばまだあべのの店には行ったことがないし、
と思って店の前まで行って待ち行列に並び、
店員さんから渡されたメニューを見ると…

00005876.jpg
なんと白丸元味750円、赤丸新味800円!(ちなみにメニューは店内に入ってから撮ったものです。)
「さすがにちょっと高いんじゃないの?
 やっぱり向かいのつけ麺きゅうじにしようかなぁ(^^;。」
(感覚的には白丸650円、赤丸700円くらいで、ちょうど100円くらい高い感じ。
 ちなみに、別に一風堂が値上げしたわけではなく、
 私がラーメンの値段を他の食べ物と同じ基準で
 みるようになっただけのことなのですが(^^;。)
と思案していると、ふと目に入った「期間限定 鶏豚ソバ750円」のポスター。

00005875.jpg
「ま、いいか。
 これ食べたことないし、なんかおもしろそうだし、一風堂最安値だし(^^;。」
というわけで、そのまま並ぶことに。

00005877.jpg
というわけで、鶏豚ソバです。

00005878.jpg
”解説”によると、鶏と豚骨のブレンドスープのほかに、キャベツや鶏のつくねやえびの揚げ玉、
麺は全粒粉の平麺と、結構凝ってます(^^)。
スープをひと口すすると、鶏のほのかな甘み。
でもそこは一風堂、鶏白湯と豚骨のWスープといってもそんなにこってりではなく、
十分ふつうにいただける範囲内です(^^)。
全粒粉入りの平麺もしっかりしていて、このスープによく合っています。
そしてえびの揚げ玉がいいアクセントになっていて、おいしくいただけます。

00005880.jpg
さすがに食べ進むとちょっぴり変化がほしくなったので、
卓上の辛し高菜とピリ辛もやしを好みの量だけ投入しました。
一風堂はこのあたりもおいしいのがいいですね(^^)。
解説チラシではブラックペッパーを勧めていましたので、それもいいかもしれませんね。

というわけで、
「こんだけ手間がかかってたら、もし人気が出てもまず常設のメニューにはならんだろうなぁ。
 仮になったとしても、この値段ではまず出ないだろうし。
 900円くらいか、あるいはもう少し値を下げてスペックダウンして出すか…。」
などと、とりとめのないことを思いながら(^^;、 
おいしくいただきました(^^)。

というわけで、おすすめです(^^)。
味は十分おいしいし、
値段的にも、ほかの食べ物と比べたとしても、
CPが高いとまではいえないにしても、
リーズナブルといえる範囲内に十分おさまってるし(^^)。

5月6日までの期間限定なので、興味をお持ちの方はお早めに。
個人的にも、ひょっとしたらもう1回くらい足を運ぶかも?

※鶏豚ソバは、一部店舗限定だそうです。
 提供店舗は一風堂HPでご確認を。

博多一風堂 あべのnini店
大阪市阿倍野区阿部野筋1-5-10
06-6630-7720
ここ最近のラーメンライフは、昨年のGWに千軒達成したあたりから、
それまでのコレクターが一転してリピーターと化し、以来今日に至っております。
(ちなみに昨年はみつ星、JACKSONS、三く、井手あたり。
 今年はJunk Story、無鉄砲大阪、マッチョ日本橋、周月あたり。)
ま、でも、たまには新規開拓しようか、ということで、
未訪店に行ってきました。

IMG_2017.jpg
環状線で玉造へ。
きのうはダイヤが乱れていたので結構混んでました。
(鶴橋乗換なので知っていれば歩いたのですが。)

IMG_2019.jpg
駅からはほんの2,3分。
西側の出口を出て、細い路地を西側に歩き玉造筋を渡るとすぐです。

IMG_2020.jpg
とりあえず、ドロそばは夜しかなさそうなので、
普通の中華そば系か、

IMG_2021.jpg
鴨だし鴨の豊満そば、ということになりそうです。
(あと季節限定で変わりの担担麺もありましたが、
 ついこの前担担麺ではずしたばかりなのでパス。)
初訪なのでまずは基本から、ということで中華そば系に。

店に入ると券売機。
中華そば系は、中華そば、ワンタンメン(各650円)、メン太そば(750円)の3種類。
訊けば、中華そばはチャーシュー、ワンタンメンはワンタン3個、メン太そばは両方とのことだったので
迷わすメン太そばに決定。

IMG_2022.jpg
メン太そばです。
画像をリサイズしているので読めませんが、上の看板に
「お昼と夜で麺が違いますっ!!」とのこと。
昼は「田舎の食堂にある様なきいろい麺」、
夜は「おソバ屋さんに来た様なツブツブ入りひら麺」。
どっちも個性的な麺だなぁ、と思いながら、ひと口スープをすすってみると…

!!!
好みのど真ん中ストレート、清湯淡口しょうゆ味!
東北ではごくごく当たり前のスープですが、
関西では、多少甘いきらいはあるもののかろうじてカドヤ食堂が近いかな、というくらいで、
まずお目にかかることのできないスープです。
しかもカドヤ食堂より甘さ控えめで、
個人的に関西ベストの清湯淡口しょうゆスープと認定しました(^^)。

こうなると、麺が多少クセがあろうが、
そんなことはノープロブレム。
黄色い麺は多少ぼそぼそした食感がありますが、
昔の田舎の食堂のそれよりはずっとよい素材を使っているようで、
食べ進むうちにそんなに気にならなくなりました。
チャーシュー、メンマは○。
ワンタンは衣が麺と同じ粉を使っているようで、ちょっとクセがありますが、
十分に許容範囲内です。

というわけで、いたく気に入りました(^^)。
とりわけ清湯淡口しょうゆファンにはおすすめです。
出来ればクセのない上質な麺で食べてみたい気もしますが、
(夜の麺もちょっと変化球だし(^^;)
何と言ってもこのスープは関西では他に代えがたいものがあります。
というわけで再訪決定!
次回は鴨だし鴨の豊満そばで、
「和そばのかえしも入れた黒っぽいスープに鴨の油の旨味・コク・甘さを出しました。
 なつかしい優しさにみりんも使わせてもらってマス」
というスープを試してみたいと思います。
で、その次は再度絶品の清湯淡口しょうゆに舌鼓!?

麺喰い メン太ジスタ
大阪市天王寺区玉造本町3-6
11:30-15:00、18:30-22:00 水休
06-6764-5558