fc2ブログ
2週連続で樟葉通いしたので、そのときの小ネタでも。

(その1)
先週の土曜日、醸の味噌ラーメンを食べそこなった話をしましたが、
やっぱり勢いがとまらず、つぎの日ゆにわに行ったときの話です。
丹波橋で京阪に乗り換えて樟葉まで行くのですが、
来た特急を見てびっくり。

DSCF3494.jpg
なんと、2025年大阪・関西万博のラッピング車でした。

DSCF3496.jpg
関西の鉄道各社が万博ラッピング車を走らせているのは知っていましたが、
ふつうの電車ではなく、まさか看板特急の8000系にラッピングするとは。
京阪の万博にかける意気込みが感じられますね(^^)。

(その2)
というわけで、念願かなって(^^;
ゆにわで味噌ラーメンをいただいた際、
サイドでべじ餃子をオーダーしたのですが、
食券を買ったあとにふと目に入った
「新メニュー 納豆キムチチャーハン」の文字。
妙に気になってしかたありませんでした。

00005264.jpg
というわけで、きのうも行ってきたのですが(^^;、
樟葉で降りると、反対側の京都行ホームに普通用の13000系が停まってました。
で、出口へとホームを歩いていくと…

00005263_20231230095409711.jpg
あれ、この車両、窓割りちがうじゃん?!
車内もクロスシートっぽいし。

00005265.jpg
ちなみにふつーのはこんな感じです。
車内は当然ロングシート。

00005274.jpg
そういえば、3000系(↑)にもプレミアムカーを入れることになったときに、
余った車両を13000系に転用するような話を何かで読んだような。
というわけで、元3000系の13000系転用車をはじめて見た、というおハナシでした。

個人的にはクロス大好きなので、
こういう車両に乗り合わせたら”ラッキー!(^^)”って感じなのですが、
ロング好きの人も結構いるようなので、
ま、受けとめかたは人それぞれ、ということで(^^;。
スポンサーサイト



昨年末にデビューしたならしかトレインは、春に1編成増えて2編成になりました。
おかげでよく見かけるようになりましたし、
これまでに何回か乗ることができました。

DSCF3458.jpg
で、きょうの帰り、急行に乗ってたら、
石切でならしかトレインがとなりのホームに停まってたので、
学園前で待ち受けてサイドビューを撮ることにしました。

00001849.jpg
前に乗ったときに撮った画像です。
車内は鹿・しか・シカ…
とにかく鹿でいっぱいです。

00001836.jpg
つり革にも鹿のマスコット(^^)。

00001842.jpg
扉の上の広告枠にはげみさんのイラストが。
東大寺大仏殿と講堂跡です。

DSCF3459.jpg
というわけで、きょう撮ったサイドビューです。
春らしく桜がきれいですね(^^)

DSC03339.jpg
ちょっと前に、ならしかトレインで紹介されているスポットをめぐってみたことがありました。
というわけで、東大寺大仏殿です。
もっともこれは、行ってみたら時間切れで閉まってたので、
以前撮ったものですが(^^;。

00001840.jpg
これは春日大社と萬葉植物園です。

DSCF3460.jpg
藤がきれいなので、季節は初夏でしょうか。

DSC03330.jpg
春日大社です。
ちなみにこれは、ちゃんと”聖地巡礼”で撮ったものです(^^;。

00001843.jpg
猿沢池から見た興福寺です。

DSC00321.jpg
紅葉がきれいですね(^^)。
ちなみにこれはかなり前に撮ったものです。

00002212.jpg
似たようなアングルで撮りました。
”聖地巡礼”したのは春先だったので、紅葉じゃないのはご愛敬(^^;。

00001841.jpg
浮見堂です。

DSC00320.jpg
晴れ着姿と色合いで季節感をうまく表現していますね(^^)。
これもかなり前(^^;。

00002227.jpg
春先に撮ったので、季節感は近いものがありますが、
ボートがちょっと気になりますね。
まぁ、観光地なので(^^;。

というわけで、かなり前から撮りためてはいたのでですが、
なかなかサイドビューがうまく撮れずに
アップするのが延び延びになってました(^^;。
きょうやっとアップできて、ちょっとすっきりした気分です(^^)。
00004767.jpg
ことしの6月にデビューした、大阪メトロ中央線の車両です。
デザインのインパクトも目を引きますが、
個人的には側窓の下辺の位置が高めなのに興味を抱きました。

00004752.jpg
車内はこんな感じです。

00004753.jpg
やっぱり思ったとおり、ハイバックシートを採用していますね(^^)。

00004754_2023102920501126e.jpg
ちなみに、一部には固定式のクロスシートが採用されています。
ちなみに、このときは駅で見かけただけで乗れなかったので、
そのうち乗る機会を得て、シートの座り心地を確かめたいと思っていました。

00004892.jpg
で、きのう、本町からコスモスクエアまで、
はじめて400系に乗ることができました。
けれど、残念ながら、
ハイバックシートの座り心地は期待したほどではありませんでした(^^;。
きちんと座ろうとすると心持ち前かがみになってしまうし、
楽に座ろうとするとシートとの間に結構すき間ができてしまいます。

00001831.jpg
帰りは30000A系でしたが(ちなみに画像は別のお日に撮ったものです)、
実は、こっちのローバックシートのほうが座り心地がよかったです(^^;。
思うに、400系のハイバックシートのほうが背もたれの一番厚い部分の位置が、
30000A系のローバックシートよりも高いので、
シートがからだにあまりよくフィットしないからではないかと。
シートの形状を改良すれば、
ハイバックシートの長所が活きて、座り心地がよくなると思われるので、
今後の改良に期待したいところです。
札幌出張ネタのトリは、例によって(^^;なんちゃって撮り鉄です。
札幌駅で何回か乗り降りしたので、
ついてにそのとき停まってた電車も撮ってきました。

DSC00740.jpg
分割民営化後初のJR北の近郊型電車、1988年デビューの721系です。
この頃は転換クロスを採用していましたが…

DSC00621.jpg
後継の731系(右:1996年デビュー)と733系(左:2012年デビュー)では、
ロングシートになっちゃいました。
今回、新千歳との間は行き来とも733系でした(TT)。
ま、有料指定席の”Uシート”も連結しているので、
ゆったり座りたければこちらをどうそ、ということでしょう(^^;。

ちなみにこの2系列、そっくりですが、
731系はステップがあるのでドアの下端が低くなっている一方、
733系は床面高さ自体を下げてノンステップにしています。

DSC00923.jpg
非電化区間の特急用車両として現在主流のキハ261系です。
タイプとしては液体式気動車、すなわち、
トルコンAT制御のディーゼルエンジン駆動です。
1998年の登場当初は空気ばねの圧力制御による車体傾斜を行っていましたが、
2014年に使用を停止し、その後の増備車は同機構が省略されました。

DSC00732.jpg
1990年デビューの785系特急電車です。
37両が製造されましたが、後継の789系(デザインは上のキハ261系とほぼ同じです。
今回は出会えませんでした(TT)。)が2002年にデビューしたこともあって、
現在は第一線から退いており、5両編成×2本の10両を残すのみとなっています。

DSC00743.jpg
2018年にデビューした電気式ディーゼルカーのH100形です。

気動車(ディーゼルカーやガソリンカー)には、
古い順から機械式、電気式、液体式の3種類があり、
現在は液体式が主流、というか、ほとんどすべてそうである、
という話を子供の頃に読み、その仕組みがわからないまま(^^;、
「ふーん、そうなんだ。」と知識として取り込んだのですが、
大人になってよくよく考えてみると、
要するに、機械式は自動車でいうところのマニュアルトランスミッション、
液体式はトルコン式ATのエンジン駆動、
電気式だけはエンジン発電によるモーター駆動で、
クルマでいえば日産のe-powerなんかのシリーズハイブリッドから、
バッファとなるバッテリーを除いたもの、ということがわかって、
「もうちょっとわかりやすいネーミングにすりゃぁいいのに」(^^;。

電気式は戦前・戦後の一時期に製造されましたが、試作の域を出ず、
機械式との比較では変速機が不要なのがメリットですが、
重くなるのがデメリットで、液体式の実用化により廃れました。
しかしながら、エンジン、モーター、車体の軽量化に伴い、
モーター駆動のメリットが活きるようになり、
近年はまずバッテリーを介したシリーズハイブリッド式、
次いでバッテリーを省略してコストダウンした電気式が普及しつつあります。

で、今回、2日目の朝、札幌から小樽までH100形に乗りましたが、
正直、これまでのエンジン駆動とのちがいはあまりよくわかりませんでした(^^;。
ハイブリッドならバッファとしてバッテリーがあるので、
おそらく電車並みの動力性能で、その差も歴然なのかもしれませんが、
電気式はエンジンで発電した電気をそのままモーターに送るしくみなので、
これまでと同じように加速時にエンジンは唸り声を上げるし、
エンジンの回転数に応じて発電量が上下するので、
電車のコントローラーほど電気供給量をリニアにコントロールできないので、
結果として、電車ほどスムーズに加速するわけでもありません。
まぁ、でも、これまでのエンジン駆動より、
心持ち性能がよくなったような気はしました(^^;。

あと、H100形はボックス式のクロスシートを採用しています。
向かい合わせのクロスシートはあまり好みではありませんが、
H100形はシートピッチが結構広いので、
「これだけゆったり座れるならボックス式も悪くないかも(^^)」
という気になりました。

というわけで、
札幌駅でのなんちゃって撮り鉄&H100形試乗記でした。

余談ですが。
札幌出張の翌週にコロナにかかってしまい(幸い軽症でした(^^)。)、
なんやかんやで札幌出張ネタのアップが延び延びになって、
結果いま頃になった次第です(^^;。
IMG_1458.jpg
先月下旬、副都心線の電車が有楽町線に誤進入した、という記事を
きょうネットで目にしたので、いろいろ見てみると、
どうやらつぎのようなことのようでした。
(ちなみに上の画像は、5,6年前に、副都心線から東横線に
 乗り入れた電車を代官山で撮ったものです。)

・基本的に、列車の進路は列車種別に応じて
 自動設定されるので、通常は誤進入は生じない。
・しかしながら、ダイヤが大幅に乱れたときなどは、
 進路を手動で設定するので、誤設定が生じ得る。
・この場合、誤った進路に表示された青信号に、
 運転士がつられて発車してしまうと、
 誤った進路に進入してしまうことになる。

というわけで、先々月の東海道線の貨物線誤進入のときは、
いまひとつスッキリしなかったのですが、
今回いろいろ調べてみてやっとスッキリしました(^^)。