fc2ブログ
2024.01.02 石場建て工法
熊本地震のときにも書きましたが、
今回の能登半島地震においても多数の木造家屋が倒壊しました。
その一因は、建物の土台と上屋を強く結合することを要求する
建築基準法の規定にあると考えます。

柱と土台となる石を結合しない伝統工法の石場建てが普及すれば、
大地震における木造家屋の耐久性が向上すると考えられます。
しかし、現状では、石場建てで建築するには、
「限界耐力計算」という多大な労力を要する計算により
適性を示すことが義務付けられていることもあり、
石場建ては普及していません。

国土交通省は、度重なる大地震における
木道家屋の倒壊による国富の減少を重く受け止め、
今後建築する木造建物については震度7レベルの地震にも耐えうるものとし、
そのために従来の剛構造による耐震建物のみを認めるのではなく、
石場建てのような柔構造の免振建物も含めて全体として国富の減少を防ぐように、
木造家屋に対する規制のあり方を根本的に改めるべきだと考えます。

たとえば、石場建てのモデル設計プランを複数示したうえで、
それに適合する建物については「限界耐力計算」を免除するなどして、
従来からの剛構造だけでなく、石場建てなどの柔構造も含めて
幅広く震度7レベルの地震に耐えられる木道家屋の普及を
図っていくべきであると考えます。
スポンサーサイト



きのう、きょうと札幌に出張に行ってきました。
飛行機に乗るのは5年振り。
前は乗るときに必要なQRコードを
パソコンから紙で打ち出して持っていけばよかったのですが、
いつの間にかスマホにQRコードを表示するように変わってました(^^;。

で、けさは早く目がさめたので、
いつものように、朝のおつとめ(=撮影会(^^;)をしてきました。
で、8時半頃、ズボンのポケットから取り出したスマホを確認しようとすると、
画面はまっ黒なまま、うんともすんとも言いません(TT)。

え~、どうしよう?

QRコードはないけどeチケット控は印刷して持ってたので、
帰りの便に乗せてもらえないなんてことはさすがにないだろうけど、
スマホ買い替えるとデータの引継ぎやらなんやらめんどくさいし、
LINEのトークの履歴の引継ぎなんてパソコン見なきゃわかんないし、
とかいろいろ考えた末、
本体異常かバッテリーか調べてもらって、
バッテリーならその場で交換して、本体なら帰ってから、ということにして、
きょうはたまたま朝の時間に余裕があったので、
開店時間9時半きっかりに駅前のヨドバシにかけ込みました。

調べてもらうと、
「全然動きませんねぇ」。
で、SIMカードを抜き差ししたりしているうちに、
「とりあえず動いてるみたいです。
 充電は進んでるみたいなので。」
「でも、充電のパーセントが上がるだけで、
 操作何もできませんよね。」
というと,
「ちょっと待ってください。」
と、奥のほうに引っ込んでほかの人といろいろ相談して
何かやってるようでした。

しばらくたって、
「動くみたいです。
 いったん電源落としてまた入れても動いてるので、
 とりあえずこれで様子見てください。
 あ、USB端子にゴミがたまってたので取っときました。
 ひょっとしたらこれが原因かも。
 あと、バッテリーが熱持ってるんで注意してください。」
「ありがとうございます。
 これでなんとか帰れそうです(^^)。」
ということで、ヨドバシを後にしました。

あとで思ったのですが、
これってきっと、朝のおつとめに精を出し過ぎて(^^;、
ひたすら歩き回ったせいで体温が上がった結果、
ズボンのポケットのスマホが熱を持ちすぎてしまい、
熱暴走してハングアップしたんじゃないかと。

ま、いずれにしても、こわれてなくてよかったです(^^)。
帰りの便のQRコードも無事表示できたし(^^;。
2023.08.16 CRAFEAT
20年ほど前に、義理の両親(要するにつれあいのご両親)に
輪島塗のお椀を贈ったことがあって、
その際、つれあいといろいろ見て選んだのだけれど、
そのなかに、デザインはとてもシンプルだけど、
手にしてみると、
まるでその手に吸い付くかのようにしっくりきたお椀があって
結局そのお椀を贈ることにしました。

そのとき、自分たち用にもほしくてしかたなかったのだけれど、
さすがにまだ早すぎるというか、分不相応に思えて、
そのときは思いとどまったのでした。

それから時が流れて、
「もうそろそろいいかな」と思えるようになったので、
香林坊・片町界隈で輪島塗のお椀を探してみました。

前はそういうお店が大通り沿いに何軒もあったのに、
今回調べてみると、大通り沿いに2軒、飲み屋街の木倉町に1軒の
3軒しかありませんでした。

で、まずは大通り沿いの2軒に行き、
実際にいくつか手に取らせていただきましたが、
どれもしっくりくるものがなく、
結局買わずに店を後にしました。

で、店を出て、
「やっぱり感覚って年を取ると鈍くなるのかなぁ(^^;。」
なんてハナシをしながら、
せっかくなので木倉町のお店も訪ねてみると…

00004210.jpg
どう見ても居酒屋さんです(^^;。

で、いちおう店頭をのぞいてみると、
漆器やらなんやらがいろいろ並んでいて、
値も付いていたので、とりあえず売ってはいるようでした。

なので、
「すいません…食事じゃないんですけど…
 お椀さわらせてもらってもいいですか?」

00004208.jpg
というわけで、画像のお椀を手にしてみました。
で、しばらくすると…

!!!

まるで手に吸い付くような、20年前のあの感触そのものです(^^)。
つれあいと顔を見合わせて「これ、これだよね!」
(ちなみに、あとで聞いたところによると、
 つれあいは手にした瞬間すぐにわかったそうです(^^;。)

で、この器を作っている田谷漆器店は輪島にあること、
受注生産なので3か月ほどかかること、
現地に行っても器をさわらせてもらえるかどうかはわからないこと、
などいろいろ話を聞いて、
「じゃ、これ買います」。

00004209.jpg
お椀は店頭の黒、朱と、画像の溜塗の3種類あるとのことで、
黒と朱でもよかったのですが、
結局、使っていくうちに色合いが変わっていくのを楽しめる
溜塗を2つ買うことにしました。

今回、金沢に来たいちばんの目的は、
「記念にあのお椀を買うこと」
だったので、
それがかなってとても満足です(^^)。

それにしても、手に吸い付くようなあの感触が、
田谷漆器店独自のものなのか、
それとも同店を含む一部の工房のみに伝わる技法なのかは
正直よくわかりませんが、
いずれにしても、偶然にも恵まれ、
あのお椀にふたたび出会うことができてよかったです(^^)。
いまの職場は高層ビルのほぼ最上階にあるので、
エレベーターが低層用と高層用に分かれているとはいえ、
昇るのに時間がかかるうえに、朝はほとんど各駅停車で、
「はやく着かないかなぁ(^^;。」
と思うこともままあります。

ときどき、最後のほうで乗り込むと、
扉横の操作ボタン前になることがあり、
そんなときは、
「めんどくさいなぁ(^^;」
と思いながら、
扉を開け閉めしていました。

でも、最近、
「これって自分でやったほうがはやく着くんじゃ?」
ということに気づき、
それからはすすんで扉扱いをするようになりました。

朝の昇りのエレベーターは、
途中階は降りる人ばかりなので、
カゴのなかの人の動きをよく見ているだけで
スムーズに扉扱いできます。

ちなみに、帰りの下りエレベーターは、
急いでないので扉扱いめんどくさいし(^^;、
ホールをよくのぞき込まないと、
乗ってくる人を見落として積み残すことがあったりするので、
昇りほど積極的に扉扱いすることはなかったりします(^^;。

朝、扉扱いをしていて気がついたのは、
2つ下の階で降りる人たちのこと。
降りる人の数も多いし、女子率が高いこともあるのでしょうが、
降り際に会釈はあたりまえ、
「ありがとうございます。」
とお礼を言われることもままあります。
で、そんなときは、会釈を返したり、
「どういたしまして。」
と応えたりしています。
(ちなみに、ほかの階ではそんなことはまずありません。)
正直、悪い気はしないし、
そこの会社のカラーかなぁ、それにしてもきちんとしてるなぁ、と、
よそ様のことながら内心感心したりしています(^^)。
今回は記憶媒体のおハナシです。

撮りためた画像の保存方法として、以前は、
外付けハードディスク2台とブルーレイディスク(100GBのBD-XL)を
使用していました。
外付けハードディスクが2台あれば十分なようにも思えるのですが、
うちのパソコンはどーゆーわけか、
おおむね3年ごとにハードディスクがクラッシュするので(^^;、
(なので3年前HDクラッシュで買替えたときから、SSD搭載パソコンを使っています。)
どーも外付けHDが信用できなくてBDでバックアップを取ってきました。

ちなみに、外付けHDの名誉のために付け加えておくと、
ずっとバッファローの外付けHDを使用していますが
(容量アップのため何回か買替え)
一度もクラッシュしたことはありません(^^)。

以前から、BD-XLへの書き込みは、
ノートパソコンではCore i7搭載パソコンでも至難の業でしたが
(うんうん唸りながら(^^;、軽く数時間は要してました。)
何台か買替えるうちに、
途中でハングアップして書き込み自体ができなくなりました(TT)。

と、いうわけで。
1年ほど前に1TBのUSBメモリが出たので(当時は1万8000円くらいしました。)、
外付けHD2台体制から、
外付けHD1台プラスUSBメモリ1本体制に変えました。

以前はRAWデータも保存していたので、1TBではとても足りませんでしたが、
いまはJPEGだけにしたので、
1TBでもなんとか間に合っています。
(もっとも、外付けHDのほうは、撮影機種別、期間別など、
 いろいろ分け方を変えているので
 容量がかさんでしまい、結局いまは8TBを使っています(^^;。
 これはことしの正月くらいに買換えましたが、
 たしか2万円もしなかったと思います(^^)。)

で、最近、USBメモリの値段が下がってきていて、
よく行く店できのう見たら1TBが1万1000円台でありました(^^)。
一方のBD-XLは100GB10枚で8000円くらい。
これくらいの価格差なら、もう、媒体しばりがなければ、
BDいらなくない?って感じです。
USBメモリやSSDなんかの石系は安くなったなぁ、と実感しました(^^)。

もっとも、容量単価的にはHDの右に出るものはいないんですけどね(^^;。
個人的にノーパソの内蔵HDが3年おきくらいにクラッシュして、
そのたびにあたふたしてパソコンの買替えに走ったという
くらぁい(TT)思い出があるので、
外付けはクラッシュしたことがないとはいえ、
個人的にはやっぱりHDは心の底からは信用できなかったりします(^^;。